ハイレベル英文精読

Last-modified: Sun, 29 Sep 2019 16:15:41 JST (23d)
Top > ハイレベル英文精読

Tag: 夏期講習 英語 二次・私大対策講座

設置校舎 Edit

 全校舎。

テキスト Edit

授業 Edit

  • 東大京大阪大神戸大志望なら大学別講座もあるので、比較検討してみよう。
  • 通期の読解系の担当の先生がイマイチだと感じている人は取ることをオススメする。
  • 講座の性質上、対比や言い換え、文脈に注目した授業を展開される講師で取る方が良い。

担当講師 Edit

実力・人気共に高い講師が担当している感がある。

桜井博之

  • テキストの文章を身に付けるという意味では師がオススメ。
  • 授業スピードは少々早いが、語彙・構文レベルから隅々まで解説してもらえ、血肉となって活きる。また、言い換えと対比の駆使による読解を行うので、論理的な読解力が身に付く。
  • 構文的読解から論理的読解へと自然に繋げてくれる。
  • 普段授業を受けていない生徒の事を考慮して、通期の内容であっても一から説明して下さる。師の温かな人柄が垣間見える。

竹岡広信

  • 抽選開始早々締め切る。
  • テキストは重要なポイントの説明などを他の生徒の解答と照らし合わせながら早めに済ませた後、持って来たプリント(その年度の国公立の入試問題が多い)を解かせる形を取るため精読というより多読というイメージ。ハイレベル英文精読とは名ばかりのハイレベル英文多読orハイレベル英文パラメモである。ここにも師のアンチ駿台の姿勢が伺える。
  • 多読をしたいが、『英文読解特講』はレベルが高過ぎるというような人にオススメ。
    • ただ、2015年度以降はテキストもある程度きっちりやるようになった(とはいえ、一時間程で終えて後は演習)。
    • テキストは1日2課ずつやり、3日で終わる。4日目は師が事前配布する問題の解説。各日、テキスト2課に加え長文や和訳問題を2題程度演習し解説する。
    • やはり、テキストについては完璧な予習を要求する。
      • そのため師の授業を受けてみたいという興味本位で受けることはオススメできない。
  • 師は夏の時点でその年の全大学の最新の入試問題を解き終わっているので最新の入試の傾向が聞ける。また、夏休みや秋以降の学習の指針も与えられる。
    • 因みに東京外大の2015年度の大学が発表している答えの間違いを指摘し、「ほーたーるのー」と歌っていらっしゃった。

伊藤隆之

  • 通期の読解の授業と同じく、他の英文を読む際にも応用できるテクニックを✳︎マークで紹介していただける。英作文で生きる話も多少だがしてくださる。
  • 師は口頭説明を書くのを面倒臭がる割にはほぼ全て板書してくださるので、板書量は他の講師と比べて非常に多くなる。
  • 単語の意味などを記載した補助プリントも全構分配布していただける。
  • 師が解説するのが面倒という理由から英文の情報量が多いという理由から、言い換え表現やandの並列で不必要なものは徹底的に読み飛ばし、速読を重視した読解法をメインで扱っていく。
  • 補充問題を計3題ほど授業内で扱ってくださる。

佐藤雅史

  • 自身のプリントで扱っていた英文がテキストにも載っていたら、その英文のお手製の解説プリントも配ってくれる。
    • プリントには類題も付いており、その問題がまた良い。
  • 師によると、このテキストはハイレベルの名に相応しいものではないらしい。
  • 但し、普段師の授業を受けている人にしかオススメはできない。
    • 師自身のクセが強いためである。慣れれば何の問題もない。
  • 通期同様テキストの解説が全て終わることはない
    • だが、1つの英文における内容の濃さはかなりのものであるため、やむを得ない。
    • もちろん問題の答えは全て教えてくれる。

下村英夫

  • テキストは設問解説とポイント解説が中心になるが、大問毎に練習問題を追加してくれる。
  • ポイントもできるだけ一般化して示してくれるので、ある程度は構文が取れるが伸び悩んでいる中級者にとっては大きな指針になるかもしれない。

沖良志博

  • テキストの解説をじっくり行い、入試問題における殆ど全ての設問の解法パターンを教えてくれる。
  • 英語がそこまで得意ではないが『英文精読』は簡単という人にオススメ。
  • 最終日はテキストの一部の問題をせずに、3日間で習った知識の復習になるような入試問題の過去問テスト演習を行う。
    • 勿論テキストの授業でしなかった分は補助プリントとして配ってくれる。

千賀敏

  • 通期の『英語構文S』と進め方は基本的に変わらない。

有井松雄

  • 口頭での解説が多くなるので、メモを取る気で臨もう。
  • 睡魔で落ちかけてしまうとノートの内容が乏しくなってしまうので注意。

設置一覧 Edit

《2019年度》

ーー

Amazon