慶應義塾大学

Last-modified: Thu, 28 Mar 2019 14:02:18 JST (55d)
Top > 慶應義塾大学
  • 東京都にある日本の私立大学。
  • 早稲田大学と並び称される「私学の雄」。
    • 上智が1970年代に難化してからは「早慶上智」と括られることも多い。
  • 私立大学としては最高峰の難度を誇る。
  • 略称は「慶應」、「慶大」、「K.O.大」など。

概要 Edit

  • 推薦AO入試でかなり多く入学させるため、一般入試の定員が極端に少なくなり、見かけの偏差値は異様に高い。
  • 近年は、AO入試の名目で多くの芸能人を入学させているがほとんどが後述のSFCである。
    • 一般人はせっかく一般入試で入っても、SFCだとAOアホでもオッケーだと思われてしまう。
  • 一時はスポーツが弱体化していたが、AO入試という名のスポーツ推薦で復活を遂げている。
    • ちなみに、スポーツ推薦は、学力不問を明記しているもの、大学の部活関係者から声をかけられないと受験できないシステムになっている。
    • AO入試ではあるが、工学部からプロ野球選手を輩出している(中日ドラゴンズの福谷浩司投手)。
    • 医学部生のラグビー部主将など、本当の文武両道の人もいないわけではない。
  • 内部進学を含めて推薦AO入試による入学者がかなり多いため、学生の学力差がとてつもなく大きい。
  • 海外の附属校は入試難易度が低い割に大学へ推薦入学できるため、わざわざ留学させる親もいる。
  • 「塾生皆泳」を掲げており、大学生でも体育実技で水泳が必修であった。
    • 最近では附属校で聞かれる程度の話である。
  • 本学ではなく「本塾」、学生ではなく「塾生」といい、教授を先生ではなく「君」という。
    • 本塾では「先生」と呼ぶのは設立者の福沢諭吉先生だけである。
  • 残念ながら最近は何かと悪いニュースばかり取り上げられる大学。
    • レイプ大学という不名誉なあだ名をつけられたりしている…

学部 Edit

  • 早稲田よりは学部ヒエラルキーが緩いとされる。
    • もちろんSFCは除く。
  • しかし、文学部だけは就職活動で差別されるらしい。

経済学部 Edit

  • 昔から「三田の理財」と言われ、本塾の看板学部。
  • 早稲田の政治」の早稲田政経と並び、難関私大(学部)の代名詞だった。
  • 入試で数学必修だった。
    • 現在は選択方式であるが、伝統的に理系の併願者も多く、いわゆる「理系崩れ」も毎年、入学している。

法学部 Edit

  • 一般入試の募集定員が極端に少なく、全体の3割弱ため、見かけの難易度が私大文系最難関になっている。

商学部 Edit

文学部 Edit

医学部 Edit

  • 私大医学部最難関。
    • 東大理三が創設されるまでは、京大医と並ぶ入試最難関だった。
      • 作家の豊田有恒氏は、理三分離前の理ニを蹴って慶医に進学している。
  • 学費が私大医学部にしては圧倒的に安く、「学問のすゝめ奨学金」など奨学金システムも充実している。
  • 国公立大学医学部を蹴ってまでここに進学する人もいる。
    • 政治家、医師、弁護士の古川俊治氏が、史上二人目の「理三蹴り慶医」と言われている。
  • 東大理三をはじめとする最難関国公立大医学部志望の受験生がよく受けている。
    • 面接で「滑り止め」や「模試代わり」などと言うと落とされるので注意。
  • 多浪生・再受験生には厳しい。
    • 試験の得点が優れていても補欠合格すら回って来ないこともある。
  • 2018年入試不正問題で多くの大学が不正を認め謝罪を行ったが、ある講師は全ての大学が不正を認めるまでこの大学は不正を認めないだろうとまで言っていた。

工学部 Edit

  • 前身は旧制藤原工業大学

総合政策学部 Edit

環境情報学部 Edit

看護医療学部 Edit

薬学部 Edit

  • 前身は共立薬科大学
    • そのため、薬学部2年次以降に通うキャンパス名に入ってる。

キャンパス Edit

日吉 Edit

三田 Edit

  • 文学部の2年生以上、経済学部法学部、商学部の3、4年生が使用。
  • 附属の小学校、中学校、女子高と隣接してる。
  • ラーメン二郎の本店がある。

信濃町 Edit

  • 医学部の2年生以上と看護医療学部の3年生が使用。当然ながら、大学病院もある。

芝共立 Edit

  • 薬学部の2年生以上が使用。キャンパス名の共立は薬学部の前身の大学名による。

矢上キャンパス Edit

  • 工学部の3、4年生が使用。
  • 別名「矢上工業大学」。

湘南藤沢キャンパス Edit

  • 通称“SFC”。
    • ただし、学部の話でSFCと出てきたら、たいていはキャンパスのことではなく、総合政策学部と環境情報学部のことを指している。
  • 総合政策学部、環境情報学部、看護医療学部(3年次以外)が使用。
  • 系列の中高一貫校が敷地内にある。

入試 Edit

概要 Edit

  • 国語がないのが、最大の特徴。
    • かつては、国語も入試科目だった。
  • 早慶と一括にされるが、入試傾向は全く異なるので、ナメていると共倒れ(早慶全落ち)になる。
  • 問題は、早稲田ほどの癖はないものの、やはり難しい科目が多く、難関国立大受験生がナメてかかると落ちる。
  • 各学部によってかなり傾向が違うので、下記の科目別はあくまでも参考程度に考えること。

英語 Edit

  • 全学部で課される。但し、総合政策学部と環境情報学部では選択科目となっている。
  • 経済学部では長文読解と自由英作文が課される。
    • 長文読解部分はマーク式となっている。基準点を超えないと自由英作文の答案が採点されず、即不合格となる。
  • 文学部では大学入試では珍しい辞書持ち込み可となっていることで有名。ただし、使っている余裕はあまりない。

数学 Edit

  • 法学部文学部以外の全学部で課される。但し、総合政策学部、環境情報学部、看護医療学部では選択科目となっている。
  • 経済学部と商学部では数学選択枠が存在する(A方式)。
  • 経済学部では6題出題され、前半がマーク式、後半が記述式となっている。
    • マーク式部分で基準点を超えないと、記述式の答案が採点されず、即不合格となる。所謂足切りである。
    • マーク式でよく使われる解答欄から答えの目星を付ける行為に対する対策として、答えの桁が合わない場合は先頭の位の枠に0をマークさせるものがある。
  • 工学部では早稲田とは異なり、穴埋め式と記述式の混在型となっている。
  • 総合政策学部と環境情報学部では「数学または情報」という形で出題されている。

小論文 Edit

  • 本塾では、国語の学科試験を課さない代わりに小論文の試験を課している。

日本史 Edit

世界史 Edit

地理 Edit

  • 商学部でのみ選択可能。

物理 Edit

  • 工学部では必ず課される。医学部では選択科目となっている。
    • 2019年工学部入試において、3問中2問が問題ミスではないかと話題に。
      • この件に関しては高井隼人先生も異議を唱えている。
  • 医学部では原子物理が出題されることも。

化学 Edit

生物 Edit

  • 医学部と看護医療学部でのみ選択可能。

出身者 Edit

ーー

Amazon