数学重要α(IAIIB)

Last-modified: Thu, 27 Feb 2020 10:16:26 JST (30d)
Top > 数学重要α(IAIIB)

Tag: 夏期講習 数学 二次・私大対策講座

設置校舎 Edit

全校舎。

テキスト Edit

  • テキスト作成は石原央先生。
    • テキストは非常に良質である。入試で取るべき標準問題の解法を確認できる。
  • 難関大志望者をターゲットとする。
    • 数学IAIIBが普通〜苦手な理系の人や文系の人にオススメ。
    • 数学が得意〜超得意な文系学生には『数学特講(IAIIB)』を勧める。(背伸びは禁物)
    • 数学が普通〜やや苦手な理系学生には、他科目とのバランスや数IIIの重要度の観点から『数学重要β(IAIIBIII)』を勧める。ただし、数学IAIIBのみを集中強化したい場合は本講座でも良いだろう。
  • テキストは授業問題16題から成る。
    • 難関大入試における標準問題を解けるようになろうという講座である。
    • 数学重要β(IAIIBIII)』との共通問題はないが、本講座と合わせて取るのは負担や重複の観点から推奨しない。
  • 校内生は前期教材が最優先である。ただし、補助として取るならば十分価値ある講座である。
    • 前期教材だけではやや演習量に欠ける感は否めない。夏期は前期教材の復習(インプット)だけでなく、講習や市販の参考書を用いて新しい問題にも触れること。
    • 特に『数学YS』使用者は、本講座の講義問題と研究問題が内容上の親和性が高く、演習量の補充に最適である。ただし、当然ながら費用や時間などを踏まえれば市販の問題集を使う方が良い。

担当講師 Edit

杉山義明

  • ほぼ確実に締め切る。
  • 概略の説明→解答の作成という2段構えの解説スタイルを取る。
    • 概略の説明では、問題の背景や考え方、定石や特徴的な式変形、別解などを簡潔に、余さず伝える。
    • 解答の作成では、先の内容を一行一行辿りながら再度確認していく。答案の作り方などにも言及される。
  • 解説が非常に分かりやすい。
    • スマートで一目で分かるフローチャート化された解法が師の持ち味である。数学が苦手な人でも考え方を吸収しやすい。
    • 2段構えの解説により、授業内容が繰り返し刷り込まれていき、非常に効率良く吸収されていく。ただし、分かったつもりになっているだけの部分はすぐに頭から抜けてしまうので、早めに復習でフォローしておくこと。
  • 「問題が途中である」と言って問を追加したりもする。

小山功

  • 締め切る可能性がある。
  • 華奢な見た目とは裏腹に熱血であり、こちらに語りかけるように力強く話すので授業に引き込まれる。
  • 解答と重要事項のみを板書し、着眼点や考え方は口頭で強調する解説スタイルを取る。
    • 問題を解くための着眼点や、数多くの数学的な考え方を合言葉のようにして言ってくれる。少し飛躍が大きい事もあるが、これが非常に分かりやすい。
    • 合言葉は非常に抑揚の大きい喋り方で強調し、何度も繰り返される。自分で意味をよく理解しながらメモを取ること。師も板書マシーンになって欲しくないから、あえて口頭で解説しているとのこと。

松永光雄

五藤勝己

  • 名古屋校では人気。
  • 師なりに体系化された数学を解説する。
    • あまりテキスト準拠ではないため、板書とプリントが学習のベースになるだろう。
    • しかし、授業のテンポは速く、プリントや板書もあまり綺麗とは言えない。ついていくのが少し大変であり、やや上級者向けだと思われる。
  • 各分野の基本となる考え方から解説してもらえ、更には五藤特製要項プリント、補充問題(20問ほど)も貰える。

井辺卓也

  • テキストの問題は、解答プリントの配布のみで授業では一切扱わない。実質、師の特設単科
  • 「テキストにはねぇ、入試数学の悪い所が全部詰まってるんですわ。まあ力試しに家でやっといてください。」

設置一覧 Edit

2019年度

ーー

Amazon