松永光雄

Last-modified: Thu, 02 Aug 2018 23:37:42 JST (18d)

松永光雄(まつながみつお)は、駿台予備学校数学科講師。

経歴 Edit

  • 岐阜県出身。
    • 岐阜県大垣市に自身の塾を開いている模様。
  • 岐阜県立大垣北高校→東大卒。
    • 入試の際にあまり数IIIの勉強をしておらず、積分を白紙で出したという伝説を持つ。

授業 Edit

「(小声で)おはようございます・・・」、「(野太い声で)おはようございます!」、「(声高に)おはようございま↑す!」

  • 板書を書く時何故か寝違えたみたいな恰好をする。板書は見やすく綺麗である。
  • 同値性に対する拘りが強く、解答の至る所に同値記号を用いるので、復習する時に非常に読みやすい解答となっている。
    • 中井(大)先生曰く「同値大好きっ子」
  • 基本的なところから講義してくださる
    • 「(満面の笑みで)これは、ド・基・礎!」
    • 「(クールな顔で)これは、ど基礎〜♪」
  • 講義問題の解答だけでなく、発想の仕方や数学的背景をまとめてくれたり、関連する補充問題を配ったりしてくれるので、授業の質・密度は極めて高い。授業があっという間に感じるくらい、濃密である。
  • 京大実戦模試の作問も任されており、授業中に、模試の結果を踏まえて、実践的なアドバイスをしてくださる。
    • 名大の解答速報も担当している。
  • ただ、忙しない授業を展開し、かなり早いが、物凄く丁寧で、数学の本質を学ぶことができる。
    • 師の授業を一回でも受ければ、師の頭の良さがすぐ分かるだろう。
  • 師が早くテキストを終わらせるのは、自分の持ち込むプリントをやりたいと思う故である。
    • このプリントが良問揃いである。まさに、目から鱗とはこのことだ。
  • 夏期の『数学特講(IAIIB)』では物凄い授業をするので、数学が苦手な人も得意な人もとてもオススメである。特に『数学特講(Ⅲ)』は、かなり本質を突いて教えてくださる。濃密な4日間の講習となることは間違いない。それほど素晴らしい。
    • 数学重要α(IAIIB)においても、文系理系問わず必須となる考え方やアプローチを秀逸にまとめ上げて説明してくださるので特講に不安がある人はオススメ。
  • どの問題にも通用して、かつ生徒の再現しやすい解答を提示しつつ、上級者用に鮮やかな解法も示してくださる。

担当授業 Edit

通期 Edit

春期講習 Edit

夏期講習 Edit

現在夏期講習の時間割を作成中です。入力できる方は入力してください。

冬期講習 Edit

直前講習 Edit

直前Ⅰ期 Edit

直前Ⅱ期 Edit

人物 Edit

  • 米村明芳先生を最もリスペクトしているらしい。吉岡高志先生や五藤勝己先生、中井大輔先生は大先生。
    • というか「僕は下っ端ですから」と、殆どの先生を「大先生」と呼んだり「あの先生むっちゃ凄いよね」と言ったりする。
  • 言葉を発した後に頻繁に吐息を漏らす(喘いでいるわけではない)。
  • 初回や2回目の授業では声を変える(正直普通の声のほうが聞きやすい)
  • 怒ると怖い。でも本当に生徒想いな講師である。
  • ラーメンが大好きで、あちこち渡り歩いているらしい。
    • 甘いものも好きらしく、特にチーズケーキがお好きらしい。(冗談で生徒にせびっていらっしゃった)
  • 歩くスピードはかなり速い。あっという間に前に行ってしまうほど、超早歩きである。
  • 遅刻してきた生徒にもしっかりと挨拶をする。
  • 顔が阪神の金本知憲監督や星野源に似ている。
  • 岐阜弁がかわいらしい。初回授業で「僕岐阜出身なんでね、岐阜弁使うんですよ」と前置きする。
    • 「ここ、ちゃんと復習しにゃーよ。」
  • 生徒と話すのが好きな先生でもあり、駿台講師の中でもフレンドリー度がかなり強い。
    • 但しクラスのレベルによっては生徒を馬鹿にしてくることもあるので忍耐力が必要。
  • 授業後に声を掛けて来て、
    「ボーっとしてたけど理解出来とった?分からんとこ質問来いよ。」
    「今日の問題ムズイよね。あんなん解けんでええよ。」
    「君ほんといつも真面目に聞いとるね。偉いなあ。」
    とか言って来てくれたりする。
    • こんな先生は中々いないのでありがたい。
  • 井辺卓也先生曰く、「松永君はものっ凄い頭良いよね~。若手の中じゃ飛び抜けてるよ、いや、ホンマに!模試とか若いと携われないのに彼はすぐ携わり始めたからね~。彼は本当優秀ですよ。所謂若手のホープってやつやね。」
  • TAを含めた質問対応は非常に良く、上記の通りフレンドリーであるため、数学が苦手な人も1度はTAを取ってみることをオススメする。
  • キャリーケースはリモワのクラシックフライトを愛用されている。
    • それを引いて歩かれる後ろ姿がめちゃカッコいい。