大森徹

Last-modified: Fri, 20 Apr 2018 19:28:14 JST (30d)

大森徹(おおもり とおる)は、駿台予備学校生物科講師。
京都校大阪校名古屋校広島校に出講。関東で授業を持っていたこともある。
広島校校長

経歴 Edit

  • 1955年生まれ。2018年度現在63歳という事になるが、非常に若々しい。
  • 大阪府出身。
  • 近畿大学農学部卒。
  • 駿台に来るまでは、高校や大学、他の予備校でも講師をしていた。

授業 Edit

  • プリントを使った非常に分かりやすい授業を展開する。
    • 師の授業内容を完全に理解できれば、理論上入試において怖いものなしである。
  • 理解の手助けになるような物や写真を毎回持って来て下さる。
    • 問題の材料に様々なキャラクターが用いられるので面白い。
      • 「まぁトトロの交尾なんて出来れば見たくないけどね(笑)」
      • トトロ以外にもバルタン星人が登場したりする。
  • 質問対応は非常に丁寧。
    • 2コマ以上の連続授業では休み時間も教室内で待機して質問を受け付けてくださる。
      • 個別の質問対応の時は、授業時のテンションと差があり過ぎて、ご機嫌ナナメなのかと思って不安になりがちなので注意。
    • 通過授業でも授業後教室に残ってくださる。テキスト以外の質問でも嫌な顔せず答えてくださる。生物のTAはあまりないので、非常にありがたい。

担当授業 Edit

通期 Edit

春期講習 Edit

夏期講習 Edit

冬期講習 Edit

直前講習 Edit

直前Ⅰ期 Edit

直前Ⅱ期 Edit

人物 Edit

  • 生物科予備校講師界でも5本の指に入るほどの超有名講師。実力もスーパー。更に人格者である。生物科のGOD(神)である。
    • 生物選択者なら一度は名前を聞いたことがあると思われる。
    • どの層からも絶大な支持を受け、毎年実力が大幅に伸び生物が得意科目になる生徒が大勢いる。
  • 現在駿台のテキストと模試の作成及び授業とオンデマンドサテネット講座の収録、参考書や青本の執筆、生物科の先生達が集まる研究セミナーの講師など非常に多忙な生活を送っている。
  • 2012年に入りオフィシャルサイトを開設した。http://www.toorugoukaku.com/index.htm
    • サイト内でブログもやっており、コメントすると丁寧に返信してくれる。
  • 黒板に語句を書いた後、足を上げる癖がある。
  • センター後の最後の授業では生徒全員にメッセージ付きキットカット配布&バイオリン披露&握手をして最後の戦場へと挑む生徒達を激励してくれる。おや、目から海水が・・・。
  • 愛しのプラナリアと言われていた割には、プラナリアが亡くなった時の反応は結構薄かった。
    • その後新たなプラナリアを飼い出したらしい。その動物の死への切り替えの早さは流石生物講師といったところか。
  • 早口+さ行の呂律が回っていない点は、生物科講師としては致命的だが・・・。
    • 胚珠を「はいっっしゅっっ」と読むのはお約束。
  • 偶にチョークで曲線を描く時、黒板をはみ出して、壁まで曲線を描くというボケに走りなさるが、あまりの大胆さに生徒は苦笑いである。
  • パンフレットの自己紹介文は、その年の流行りのギャグを交えて結構な頻度で更新されていたりする。
    • というのも、関西生物科のグループLINEで師と小嵜可菜先生が流行りのネタを使うように指示しているらしい。(森田亮一朗先生談)
  • 地理科岡田了一郎先生と仲が良く、岡田了一郎先生のオンデマンド講座にゲスト出演することがある。

語録 Edit

  • 「ユレモネンジュモアナベナユレモネンジュモアナベナユレモネンジュモアナベナ」
  • 「フコキサンチ~ン♪パクパクパクパクパクパク」
  • 「覚えやすい名前っ。ん、んん。」
  • 「〇〇大と△△大のミックスブレンド。」
  • 「いけますか??」
  • 「カンタン。たったこれだけ。何も難しくないですね。」
  • 「はいこんにちは。」
  • 「はいじゃあ今日はこれで終わります。」

著作 Edit

センター対策から東大・医学部系まで幅広い分野の参考書を様々な出版社から数多く出している。
生物に関する一般書籍もある。
各著書の特徴及び使い方は師のホームページを参照されたい。

学習参考書 Edit

  • 大森徹の最強講義117講』、『大森徹の最強問題集159問』(文英堂)
  • 『センターはこれだけ!』、『センターはこれだけ!演習/実験・考察編』(文英堂)
  • 『大学入試の得点源生物「要点」 - 必出ポイント202の攻略で合格を決める』(文英堂)
  • 大森徹の生物 計算・グラフ問題の解法』、『大森徹の生物 記述・論述問題の解法』、『大森徹の生物 遺伝問題の解法』(旺文社)
  • 『直接書き込む大森徹の生物 遺伝のノート』(旺文社)
  • 『基礎問題精講』(旺文社)
  • 大森徹の究極パネル式生物基礎』(技術評論社)
  • 『ぐんぐんわかる センター 生物』、『ぐんぐんわかる センター 生物基礎』
  • 『理系標準問題集』(駿台文庫)
  • 『生物用語集』(駿台文庫)
    • 吉田邦久先生、出井満先生、中島丈治先生、佐野芳史先生、小嵜可菜先生との共著。
  • 『生物基本徹底48』(駿台文庫)
  • 『日本一詳しい大学入試完全網羅生物基礎・生物のすべて』(KADOKAWA)

一般書 Edit

  • 『いっきに読める体のしくみ』(中経出版)
  • 『忘れてしまった高校の生物を復習する本』(中経出版)