代々木ゼミナール

Last-modified: Wed, 22 May 2019 23:20:07 JST (24d)
Top > 代々木ゼミナール

概要 Edit

  • 1953年(1957年?)、文京予備校を母体に不二学院が開設される。
  • 1959年(1961年?)、代々木ゼミナールと改称。
    • 隣接する1937年創立の老舗予備校「代々木学院」の生徒を取り込むためだったと言われている。
  • 駿台・河合塾と合わせて3大予備校の一角を形成し、一時は駿台河合塾を凌ぐ人気を誇った。
  • 少子化の影響で校舎整理を行い、2014年度末に全国の27校舎の内、20校舎を閉鎖して、駿台に一部校舎(津田沼校、浜松校)を売却した。

特徴 Edit

  • 2008年に本部校代ゼミタワーを建て、隆盛を極めるかに思われたが、翌年のカリスマ経営者だった高宮行男氏の死後、急速に失速していった。
  • 規模縮小決定後、人気講師の一人だった英語科西きょうじ先生は東進脱走移籍したものの、「講師の代ゼミ」と言われただけあって、東大受験生に絶大な人気を誇った富田一彦先生、接点tこと荻野暢也先生、物理科為近和彦先生、化学科亀田和久先生等個性派有名講師が多い。
    彼らが抜けた後は本格的に危ないだろう。
    • YouTubeなどで検索をかければ一部の講師の講義の様子が視聴できる。
    • 基本的に出てくるのは荻野氏や富田氏といったトップ講師ばかりではあり、講義も一部しか見れないがそのクオリティはとても高い。正直に言えば、駿台のトップ講師陣にも匹敵するクオリティの講義である。
    • が、そのような講義をしてくれる講師も少ないのかもしれない。
    • トップ講師は残ったものの、人気的には中堅講師だった物理科鈴木誠治先生や化学科松浦克行先生などの実力講師は退職し、層はかなり薄くなった。
  • なお、吉野敬介先生は代ゼミ退職後、ブランクがあってからの移籍、西きょうじ先生は規模縮小決定後の移籍であり、東進に有名講師を引き抜かれたから代ゼミが弱体化したというのは誤った認識である。
  • かつては、全額免除の特待生を濫発していた(タダ券と呼ばれていた)。
    • 特に有名進学校生はセンターリサーチを出すだけでタダ券が来た。
    • ただし、選抜試験だけで全額免除になるのは意外に難しかった。
    • 関東では、駿台生が代ゼミにも籍だけ置いて、現代文の堀木博礼先生、化学の大西憲昇先生(のち、宇野正明先生)、生物の中嶋寛先生、地理の武井正信先生(のち、息子の武井明信先生)などだけ選んで出るという贅沢なことをしていた。
    • 開設当初の駿台名古屋校の本科生の半分は代ゼミにも籍を置いていると言われていた。
  • 一部では「潰れた予備校」と馬鹿にされる。山下幸久先生もといY下先生が「Yから始まるセミみたいな予備校」と揶揄する。
    • ただし、保有資産ランキングは全予備校中1位(6校舎しかないのに‥)
      • 「予備校というよりは不動産会社」とおっしゃる講師も。
  • 関西圏では難波大阪南校のみが残り、1987年開校の江坂にある大阪校も潰れた(閉鎖後もしばらくは御堂筋線から大きなパラボラアンテナが特徴的な大阪校の建物は見えていたが2016年秋頃から解体工事が始まり、2017年の11月に解体が完了した。)
  • これに伴って多くの講師が戦力外通告を受けることになった。駿台に流れた講師も少なくない。
    • 竹岡先生曰く「大阪南校の最上階の大講堂が一杯になるくらいに代ゼミの講師が(駿台の入社試験を)受けに来た。でも全員落ちたよね。何を教えてたんだろうね~」
    • 二宮先生曰く「代ゼミから来た先生が駿台は授業で辞書を使うことに驚いてたけど、そら滅びるわ」
  • 在校生の男女比率に関して、女子の割合が極端に少なく、ほぼ男子校状態だという。
  • 過疎化が進んでいるのが現状で、自習室等はいつもスカスカなのだとか。

講師 Edit

  • 事業縮小決定後に半化通の評論家気取りが、私文系に特化していただの世代交代がうまく行かなかっただの的外れの論評をしていた*1が、実際には昔から国立系や理系にも優れた講師は多く、事業縮小決定のかなり前から長老講師は退職して世代交代していた。

兼任講師(駿台講師Edit

元講師(駿台講師Edit

大挙して駿台の採用試験を受けた割には少ない。

模擬試験 Edit

  • 全国模試や大学別模試のほとんども廃止した。
  • 駿台のマーク模試で使われるリスニングのICプレーヤーにこの予備校の名前が入っている。お察し。

出版部門 Edit

  • 代々木ライブラリーという出版部門もある。
  • 講師の個性を強く押し出していたため、オーソドックスな定番となるものは少なかったが、山本矩一郎先生の一連の著作など今でもプレミアが付いて根強い人気の物もある。
  • 中には名著もあるが、長らく改訂しておらず情報が古かったり現代の受験状況に合っていなかったりというものも少なくない。
  • 最近は新たな出版自体が少なく、白本を含めあまり有用といえる参考書は少ない。
  • 人気講師はここからではなく他出版社からの出版も多い。

センターリサーチ Edit

  • 廃止。
  • 特待生狙いで、超高得点の虚偽申告を行う者が多かった。
    • そのためか、センターリサーチの得点のみで特待生になる(タダ券が送られてくる)ことはなくなった。

系列 Edit

  • なお、関東を中心に中学受験の進学塾としてSAPIXも展開しているが、こちらは同じ代ゼミ系列かと疑うレベルで滅茶苦茶実績が強い。

ーー

Amazon




*1 「週刊現代」2014年9月13日号(講談社)、他