加納久美子

Last-modified: Sat, 03 Aug 2019 23:18:39 JST (18d)
Top > 加納久美子

経歴 Edit

授業 Edit

  • 胸元の緩い服を着ることが多い上、前屈みになってプリント内容を説明することも多いのである意味危険。
  • 板書の字はとても綺麗。
  • 左利きで以前はゴム手袋をして板書をしていた。
    • 結婚指輪が宝物で、ゴム手袋を外す結果起こした。
  • 授業は書き込み式のプリントを使って行われる。
  • 「ゴロ合わせいぶつ」というユーモアあるプリントを配布する。
  • 通期は関西エリアの担当だが、夏期講習では『遺伝特講』の担当として、あの大森徹先生ともども名古屋校に出講する。さらに特別TAも担当する。

担当授業 Edit

月曜日
火曜日
水曜日
木曜日京都校
金曜日京都校
土曜日

人物 Edit

  • 旧姓、石井。
  • 結婚して夫がうさぎを新居に持って来た時は、アレルギーの危険にビビったと言う。
  • 美人。とにかく美人。講師紹介の写真のまんま。
  • アヒル口のレフティー。
  • 質問対応は良い。講師室でもにこやかに生徒や他の先生達と話していらっしゃる。
  • 「おっけぇかなぁ?」が口癖

著作 Edit

学習参考書 Edit

ーー

Amazon