春の数学特講

Last-modified: Mon, 18 May 2020 14:26:59 JST (79d)
Top > 春の数学特講

設置校舎

大阪南校以外の全校舎。

概要

  • 春期講習の数学の中では一番無難で、夏の『特講』シリーズと違い、背伸びをして取っても十分価値の有る講座。授業用問題はこれからの数学の勉強の指針になる。
  • 実力のある講師が担当している。
  • 文系の生徒にとっては、夏期の『数学特講(IAIIB)』がオーバーワークであることを考えれば、この講座を春に取っておくことで夏期講習の負担軽減にも繋がる。
  • 理系の生徒も、夏期に『数学特講(Ⅲ)』など負担の重い講座を検討しているなら、この時期に取っておくと負担軽減になるかもしれない。

テキストについて

  • 2017年度より新作のテキストを使用。
    • 扱う範囲はIAIIBで問題数は全18問。授業用問題だけのシンプルな構成。
  • 杉山義明先生曰く、難関大学の入試での合格者なら確実に取ってくる問題が大半。難関大学志望で数学が得意でないなら取っても良いかもしれない。
  • ちなみに出題校は、京大、京府医大、東北大、一橋大、筑波、九大早稲田、上智、センターIIBの一部など。

授業

担当講師

杉山義明
京都校大阪校を担当。

三森司
神戸校を担当。

  • 問題に関連する様々な事項を教えて頂ける。
  • プリントもたくさん貰え、かなり濃密な4日間となるので、春に一歩リードできるだろう。

五藤勝己
名古屋校丸の内校を担当。

岡田淳司
京都南校を担当。

小山功
西大寺校西宮北口校を担当。

  • 初めに各問題に対してのポイントをまとめ、それを問題でどう使うかという方針を取る。

"湯井定行"
豊中校を担当。

ーー

Amazon