粂立広

Last-modified: Thu, 13 Feb 2020 06:28:57 JST (8d)
Top > 粂立広

粂立広(くめたつひろ)は駿台予備学校物理科講師。

経歴 Edit

授業 Edit

  • 「〇〇クラスのみなさん、こんにちは・・・(深めの礼)」
  • 授業では物理現象の概念の理解を促す。
    • 師曰く、「テキストの問題は物理現象の1つの具体例に過ぎない」とのこと。
    • 授業を聞いた後でテキストの問題を解くと、驚くほど解ける(別パートの問題も解ける)。
  • 授業プリントの充実度が半端ない。まるで1つの参考書レベル。
    • プリントは前後期Part1、Part2全て合わせると400枚以上にもなる。全て手書きで作っているというので驚きだ。
    • プリントを持っていれば十分に復習可能。しっかり読み込むことで物理が得意な人も苦手な人も勉強になる素晴らしいもの。
    • それ故に他クラスから休み時間にプリントを貰いに来る人が多数存在するレベル。
    • また一回の授業で5枚以上は当たり前で最高記録は12枚らしい。
    • が、いかんせん情報量が多くかつ大学レベルで扱う記号を多用しているため完璧に読み取るのは難しい。また例示、注意書きなども沢山あるため復習にはかなりの時間を必要とし、くどいと思う人もいるかもしれない。
    • 師が解析的物理学を専攻していたためか、微積分による説明がされたプリントがおまけとしてついてくることがある。授業では解説しない。
  • なんと授業プリントは全て手書きで、しかも毎年作り変えている。
    • 師はもっともっとプリントの質を上げようとしているかららしい。
    • そのため自身の睡眠時間を削り作成しているので大切に使用しよう。
  • 授業では基本的にはプリントにあることを口頭あるいは板書し補足説明をするスタイル。
    • ノートを作るタイプの板書ではなくメモを取っていくタイプと思っていた方が良い。口で説明しながら早々と板書するので読めるが綺麗ではない。
    • プリントの字は非常に綺麗なので元々字が汚いという訳ではない。
  • 「粂先生だけの質問ルール」というものがあり、初回授業で詳しく説明される。
    • 「色々な条件をクリアしていないと質問をしてはいけない」というもので、それを煩わしく感じて授業を切る生徒も発生する。
    • しかし、ちゃんと条件を満たした生徒の質問には全力で応えてくださる。質問対応の丁寧さは間違いなく駿台トップクラス
    • プリントが詳し過ぎて疑問が解消されてしまい、中々質問に行けないのが玉に瑕。
  • よく補講がある。
    • 前期では全担当クラスに3コマ×3回補講があり、該当クラスからは少し不満の声もあるが師の熱心で物理を徹底解説する授業故にしかたがない。
  • 語尾に「っ」が入っているようにも聞こえる
    • 非常に生徒想いな方である。
    • 生徒の顔や大体の座る位置をちゃんと把握しており、「先週お休みでしたけどプリント教務に言って貰いましたかね?差し上げましょうか?」など優しく声を掛けてくださることもあり、師の熱意に答えたくなる者多数。
    • 名古屋校の物理科ではよく入江力先生も補講を行うので、補講のお知らせ欄には入江力先生と師の枠でいっぱいである。
    • ちなみに補講は休みを削って、ボランティア(交通費以外の支給なし)でやってくださっているので面倒臭がったりせずちゃんと出席しよう。
  • 河合出版の『物理教室』を勧める。
    • 河合出版を勧めるので河合塾の回し者かと思いきや、浪人時には代ゼミ。フェアな講師。
    • 名古屋校の近くの星野書店では物理の参考書紹介コーナーに『物理教室』が目立つ所に置かれている。師の宣伝効果だろうか、よく売れている模様。
    • 『新体系物理』も勧める(駿台のテキストの問題によく似ているから)。『難系』に対しては若干批判的。
  • 口癖は、「すっごく良い問題ですっ。」「ものすごく重要っ!」
    プリント右から2列目、左から3列目の下の方ご覧くださいっ。」
  • はいっ、じゃあ今日は終わりますっ。どうもありがとうございましたっ(深めの礼)
  • 夏期講習の『波動特講』の予習(プリントの作成)に120時間かかり、1週間ほど徹夜するそう。
    プリントの印刷だけでも3時間以上かかり、かなり苦労している模様。師が寝る間を惜しんで作ってくださったプリントなので、一生懸命取り組もう。
  • 師は点数主義であり、大学レベルの物理はあまり教えない。

担当授業 Edit

通期

火曜日名古屋校
木曜日名古屋校
金曜日名古屋校

人物 Edit

  • 大学では解析学を専攻していたとのこと。
  • 他の講師、教務課の職員や清掃の方に対し駿台講師の中でもかなり配慮なさっている。
    • クラス担任プリントの配布を頼む事が多いが、配りやすいよう整理されており挨拶もきちっとしているそうだ。(担任談)
    • また、清掃の方に出会った時は頭を下げお礼を言う。
  • 現在通院中である。
    • おそらく心の病気だと推測される。
  • 駿台に行く日は睡眠時間が1時間未満であり、夏期講習の準備のために1週間以上徹夜するも、 数年前の担当した物理基礎の講座に一人も申し込まなかったため、名古屋校には物理基礎の夏期講習が存在しないのだとか。

ーー

Amazon