所裕之

Last-modified: Fri, 16 Nov 2018 18:12:46 JST (3d)

所裕之(ところひろゆき)は、駿台予備学校化学科講師。

経歴 Edit

授業 Edit

  • かなり丁寧に解説してくださる。単元毎にテキストに捉われないアウトライン的なものを板書にまとめてくれる。板書は確実にメモするのが良い。進度はやや遅め。
    • 演習問題の難易度を考えると仕方ないかもしれないが…
    • 電子論などの内容もしっかり教えてくださる。
    • ただ、口頭で結構済ましてしまうので集中していないと聞き逃してしまうので注意。
      • 口頭で重要なことを言うことも多いのでこれもメモするのが良い。
    • 授業は延長(5〜15分程)しがちなので門限が厳しい人は注意が必要。
  • 上述の通りかなり分かりやすい。しかし、丁寧すぎるために説明が冗長である感じも否めない。上位クラスではそのためか授業を切る人もいる。
    • 師の話す内容と関連する事柄を頭の中で考えながら受けると、非常に忙しいが、化学をじっくり復習するのに丁度いいかもしれない。
      • その後質問に行くと尚良し。
  • 基本暑がりで冷房をガンガンにかけるので夏期講習でお世話になる人は上着を持参しておいた方が良い。

担当授業 Edit

通期 Edit

-2018年度-

月曜日大阪南校
火曜日
水曜日
木曜日京都校
金曜日大阪校
土曜日

春期講習 Edit

-2018年度-

夏期講習 Edit

-2018年度-

冬期講習 Edit

-2018/19年度-

期間
A期間
B期間
C期間
D期間
E期間

直前講習I期 Edit

-2019年度-

期間
1/11CP化学大阪校CP化学大阪校
1/14CP化学神戸校

直前講習II期 Edit

-2019年度-

期間

人物 Edit

  • かなり大柄で梅宮辰夫と小錦を足して二で割ったような強面。
    • だが質問に行った際は死ぬほど優しい。
  • 開始時は深々と一礼して挨拶してくださる。
  • 滑舌が少々悪く、分かりづらい時もある。
    • 慣れれば問題なし。
  • tokoroの公式と自称するヘンリーの法則の公式がある。
    • 師曰く、昔模試の解説で用いた方法が翌年位から他予備校でも使われるようになったとか。
  • 「ちょっと見てくれるか」「おい、聞いてくれぇ」が多い。口癖なのだろう。
    • 師はこの後重要なことを言うことがあるのでメモする人は忘れないように。
      • たまに大したことない場合もあるが…
  • 字が特徴的で「7」を「ヌ」、「個」を「イロ」と書く。
  • 1993年から数年間関東校にも出講していた。難関国公立大セレクトコース、早慶理系スーパーコースを担当していた。また、お茶の水校夏期講習冬期講習も担当していた。
  • 恐ろしいほどの目力を発する。
  • チョークをよくへし折る。筆圧のせいであろう。
    • 尚へし折って地に落ちたチョークは粉々に潰されるか放置されるのが常。

ーー

Amazon