京大化学/夏期講習

Last-modified: Sat, 16 May 2020 00:18:21 JST (567d)
Top > 京大化学 > 夏期講習

設置校舎

テキスト(テスト演習)について

第一章:構造の化学
第二章:状態の化学
第三章:溶液の化学
第四章:反応の化学
第五章:反応変化量計算
第六章:電気化学
第七章~第九章(無機、有機)までは冬期分野。

授業

夏期は特に頻出の「平衡」分野がメイン。ほぼ2日はこの分野の説明に割かれる。

  • まずは「基本過去問チェック」と「演習」から。「参考問題」は余力のある人にはオススメ。
    • 中には50年近く前の入試問題も含まれておる。
    • また参考問題の解答・解説は校内生用の入試対策問題集のものと同じである。
  • 講義は3日間で4日目はテスト演習(自己採点)と解説授業が行われる。
  • 4日目のテストは受けない人が多いが、「なるべく受けてくださいね」と勧めている。
  • 夏期は理論、冬期は無機・有機を扱う。
    • 全分野網羅したいなら、夏期と冬期で両方取る必要がある。
    • しかし、夏期は特講Iを取り、冬期は京大化学を取るという人も多い。
  • 泳げない人をプールに突き落として溺れさせる講座」とのこと。

担当講師

石川正明

星本悦司

岡本富夫

淵野英俊

高田幹士

ーー

Amazon