工学部

Last-modified: Fri, 24 Apr 2020 09:33:46 JST (152d)
Top > 工学部

大学において工学を研究・教育する学部。
工学部についても本稿で記述する。

概要

  • 私大では工学部と称している所が多く、理学部工学部を分けているところはあまり見かけない。
  • 理系の中では医学部の次に人気がある。
    • かつての「工学部ブーム」の頃は、医学部より難しい大学・学科もあった。
      • そもそも、大昔は医学部はそこまで難関ではなかった。
      • 中でも京都大学工学部原子核工学科(現・物理工学科原子核工学コース)は定員20名で日本最難関だったことがある。
    • 近年はAIやプログラミングが注目されて情報系学部の人気が上がり、その余波で工学部も志願者が増えている。
  • 基本的には機械、電気電子、情報、土木建築、化学の5つの学科で構成されている。
    • 大学によっては航空宇宙だったり工業化学など独自の学科が存在する。
    • 現在全国には約600近い学科が存在する。
  • 大阪大学だと工学系統だけで工学部基礎工学部の2学部存在する。
  • 東京農工大学や京都工芸繊維大学(工芸科学部)のように「繊維学部」から発展した例もある。
    • 旧三繊専(繊維専門学校)の内、信州大学繊維学部のみが現存。

特徴

  • 大学、学科にもよるがレポートや必修が多く中々忙しい学部である。
  • しかしその分企業からは評価されてるため就職は無双できる。大学院に進めば地方国公立大学や、GMARCH、関関同立未満の私立大学でも企業の研究職にも就くことが可能。
    • 機械化が進んでいる今は特に引く手数多な学部だろう。
    • ただ、就職に有利な学部ではあるが、エンジニアという性質上就職先にブラックな企業も多めなことは留意しておこう。事前に業務内容や給与の詳細(残業手当など)など、企業についてよく調べておこう。
      • 就職に有利な学部にブラック企業はもはや宿命なのかもしれない・・・。(流石に医学部ほどではないが)
  • 特に就職に有利なのは機械と電気学科。
  • 最近はAIの出現のため情報系の学科を志望する人が多い。(駿台でも同様)
  • 男子と女子で人気の学科が違う。具体的には以下の通り。
    • 男子:情報>機械>電気電子>土木建築>化学
      女子:工芸科学>土木建築>化学>情報>機械>電気電子
    • そのため機械と電気電子は女子率が低く男子校状態となり絶望する人もちらほら。
    • といっても最近は女子の割合もほんの少しだが高くなっている。
    • 建築女子は割と垢抜けてる人が多い。実際、京都工芸繊維大学の建築女子はかなりおしゃれ(筆者が駿台サボってまで見に行ったので間違いない?)。
      • 京都工芸繊維大学は年によっては、女子の方が多いこともたまにある。ホントに理系の学部か怪しい。
  • これからの日本のものづくり産業を任されている学部なのでしっかり勉強して日本を作っていこう。

ーー

Amazon