中井孝至

Last-modified: Sat, 07 Sep 2019 08:50:53 JST (14d)
Top > 中井孝至

中井孝至は、駿台予備学校世界史科講師。

経歴 Edit

授業 Edit

  • 授業前に地図を描いておき、その地図を用いて授業を進める。
    • 地図はとても丁寧で正確。
    • 色分けや国旗のマグネットなども利用されており、視覚的にも非常にわかりやすい。
  • 世界史を大局的に横に見る授業を展開する。
  • 世界史を横に見る授業を行うので、師の真価が発揮されるのは情勢が複雑に入り乱れる近世以降である。
    • 近世以降に入ってからは、独学では流れが掴みづらい複雑な場面も驚くように道筋が見えてくる。
    • よって師の講習では現代史がオススメである。
    • また、センターの問題も授業をしっかり聞けば矛盾を見つけることが可能になるので、論理的に解きたい人はしっかり聞くべきである(しかし雑談も少なくなるのでそこは不満を漏らす生徒も多い)。
    • なので二次で世界史が必要な文系の上位クラス層の支持が非常に厚い。
  • 授業で毎回核となる部分を記述問題を通して生徒に考えさせてから授業を行う。その部分を説明している時に教科書と照らし合わせながら話を聞くと理解が進むだろう。
  • 雑談などではよく自虐ネタや風刺を交えたトークで笑わせるが、大抵長引くので時間が足りなくなると感じたら話が途中でもすぐに切って授業を進める。
  • 年号、国、人名、出来事などについて語呂合わせを作るのが非常に上手い。
    • 面白い上に覚えやすいのでメモしておくと良い。
  • テキストやプリントにラインマークをする際、どこにどの色を使えば良いのか具体的に指示してくださる。
    • 情報の分類や重要度が一目でわかるように考えられているので従おう。
  • 「突然始まる世界史クイズ~」なるものがあり、授業初めに配られるB5の用紙に答えを書いて偶に回収する。
  • 現代史の講習最終日には授業を延長してまで中東問題やテロに関する想いを語った。
    • 非常に心に響き、自分の考えを見つめ直す良い機会となる。
  • クセが無く、シンプルではあるが頭に残りやすい授業。
    • 歴史的事象の繋がりを説明する際にやや細かい事情まで踏み込むこともあるが、基本的には世界史の基本事項に沿って説明するため、論述などの際も知識を引き出しやすい。
    • センターなどで入れ替えられやすいポイントや、生徒がごちゃ混ぜで覚えてしまいがちなポイントを指摘してくれるので、自習では中々覚えにくい分野(主に現代史など)の学習に非常に役立つ。
  • 正直、川西勝美先生の授業なんかとは比べものにならない(ほど良い)授業をしている。
  • 一度プリントで流れを確認してから、教科書にアンダーラインを引く。よって同じ事象も二回解説することになるので、授業の中で復習までしている形になる。非常に覚えやすい。

担当授業 Edit

通期 Edit

春期講習 Edit

夏期講習 Edit

冬期講習 Edit

直前講習 Edit

直前Ⅰ期 Edit

直前Ⅱ期 Edit

人物 Edit

  • 生物科の中井照美先生の旦那さん。
    • 奥さん同様天才系である。
  • CP世界史B』などでも作問を担当している。
  • 物腰も口調も大変柔らかい方である。
    • 基本的に落ち着いた口調で「~やね」「~やんか」といった弱めの関西弁を多用する。
      • たまに「~わね」も出る。若干オネェ入ってるとか言ってはいけない
    • 質問対応も良い。👀
  • AKBではさっしー推し。アニメではエヴァとジブリが好き。暗殺教室が好きで、号泣したらしい。(師が何かを薦める時は大抵泣いているので本当に号泣しているのかは不明)
    • 師のプリントには殺せんせーが頻繁に登場する。
  • 漫画で世界史の流れを掴むことをオススメしている。(例.ヴェルばら、チェーザレ、横山三国志etc.)
  • 世界史講師らしく海外旅行が好き。
    • 旅行先で買ったグッズを授業に持って来たりする。
    • 豊富な知識をバックボーンにした師自身の感想をおっしゃることがある。必聴。
  • 奥さんのYoutubeチャンネルを露骨に宣伝する。
    • 広告掲載に求められる登録者数1000人を達成するために、お手製の語呂合せプリントなどをダシに駿台生らに登録を迫っている。
      • 2019年夏現在登録者数100人を突破した模様。
  • (マイクに顔を近づけて)「ブブぅ〜〜」
    • 音がでかいためびっくりする。


      //<著作がある場合、//を削除して追加してください。>

      //**学習参考書

      //-『≪タイトル≫』--(≪出版社≫ ≪発売日≫)

      // **一般書

      //-『≪タイトル≫』--(≪出版社≫ ≪発売日≫)

ーー

Amazon