駿台記述模試

Last-modified: Fri, 08 Nov 2019 09:21:20 JST (271d)
Top > 駿台記述模試
  • 4月末実施。駿台に入って初めての模試
  • 出題内容は基礎中心。難易度も易しい。
  • 模試は、後期クラス分けの材料になる。
    • 後期のクラス分けは、駿台記述模試、駿台全国判定模試、駿台全国模試駿台全国マーク模試の4つの成績で決まる。
    • 模試の難易度が最も低く得点を稼ぎやすい。是非とも高得点を取っておきたいところである。休むと0点扱いなので要注意!
    • ただし、出題範囲は授業での既習範囲ではない。浪人後の努力の成果は殆ど出ず、現役時代の学力が結構モノを言う。
  • 平均点が想像を絶するほど低く、偏差値インフレが起こる。
    • 「落ちてからショックでずっと勉強休んできて、久しぶりにテストとか受けますねん」的な浪人生が大量にいるため。
    • また、基礎学力がまだ固まっていない現役生の参加が多いため。さらに駿台だけでなく、進研ゼミ側の参加者が多いため。
    • 上位層では偏差値80超えなんてのもザラにある。
  • 駿台記述模試」という模試名だが、実際は進研模試の「総合学力記述模試」。
    • 中身は全く同じで、表紙だけ「駿台記述模試」と書かれたものに交換されているという手抜き仕様。

ーー

Amazon