東海道新幹線・山陽新幹線

Last-modified: Sat, 07 Jul 2018 20:04:45 JST (156d)
  • 日本の大動脈で東京駅と博多駅を結ぶ。
    • 東海道新幹線は高度経済成長期の移動需要の増加に伴い、1964年の東京オリンピック開催に合わせて建設された。
    • 東京駅と新大阪駅の間は東海道新幹線で新大阪から博多駅は山陽新幹線である。
    • 直通運転を行う列車が多いため、これら2路線をまとめて「東海道・山陽新幹線」と呼んだりすることも多い。
  • 車窓を眺めていると、名古屋校(山側)、京都南校(海)、京都駅前校(海)は視認できるほか、浜松校が浜松駅前に広島校が広島駅前にある。
    • 沿線各校舎のうち、浜松校以外は優等列車の「のぞみ」が停車する。
  • 多くの駿台生が日常的に乗車することは少ないが、駿台講師は日常的に乗車している
    • 乗車回数が多く、自らを「新幹線大好き人間」と称する高井先生のような例も存在
  • 講師が出講で移動する際、グリーン券を支給されるか否かは区間によって異なる。(自腹でグリーン車に乗る講師もいる)
  • 例えば都内と浜松駅の区間ではグリーン券は支給されないそう。

ーー

Amazon