宅浪

Last-modified: Wed, 06 May 2020 09:38:18 JST (140d)
Top > 宅浪
  • 予備校にも塾にも行かず、自宅で浪人する自宅浪人の略称。
  • 学費がかからない、自由なスケジュールが組めるという利点があるが、反面ものすごくスケジュール管理が大変であり、適切な勉強をしないと意味がない・・・など、相当な自律精神とプラン能力が必要。孤独感が凄く最初は予定通り勉強出来ていても、後半になるにつれて精神的に病む人が多い(痛ポエムや座禅組など)。やはり友達やライバルの存在は大きい。
    • そのため後期から予備校に入学する人もいる。
  • 完全独学ではなく予備校の単科講座や講習会を取っていても、予備校本科に属してない場合、一般に宅浪と呼ばれる。
  • ベテラン受験生(いわゆる多浪生)は、予備校生であっても、予備校にはほとんど出席せず、宅浪同然の人も多い。
    • 学費の無駄である。
  • 宅浪で大学に受かったというだけでも相当凄いものである。
  • 現代文科の中野芳樹先生や数学科の井辺卓也先生、青木秀紀先生、物理科の高井隼人先生など、駿台講師の中にも宅浪で大学に合格した先生もいる。
  • 2020年度、新型コロナウイルスの流行により前期の授業は映像配信となり、実質宅浪なのでは?といわれた。

ーー

Amazon