山田吉則

Last-modified: Fri, 24 Nov 2017 16:31:25 JST (180d)

東北大→京大大学院。
「(マイクをポンポン)こんちゃー。」がなんとも癒される。
お腹が出ておられる。
そのせいかズボンはお腹下を経由している。
「宜しい?」
「え~。この問題はぁ~。」
「宜しい?」
「マ~~~イナスいち」
「宜しい?」
授業中にあり得ない方向に目が向く。
常に息が切れている。
そして筆圧が濃いためチョークをかなり折られる。
好きな英語は「ちぇんじ」。
「xとyはちぇんじ出来ますちぇんじ!」
授業はとても分かりやすいが、数学が出来る生徒にはかなりぬるく感じると思われる。基礎からやりたい人向け。
文字が大きいため近視の生徒には助かるのは言うまでもない。
授業終了のチャイムが鳴ればその時点で説明を終えるので、偶にその問題解説が翌週の授業に続くことがある。