トークライブ の変更点


-京大、阪大、神戸大、広島大、国公立大医学部医学科の現役大学生10名を校舎に呼んで座談会を行う。
-京大、阪大、名大、神戸大、広島大、国公立大医学部医学科の現役大学生10名を校舎に呼んで座談会を行う。
-所要時間は2時間で1時間は大学生活について、休憩10分挟んだ後のもう1時間は自身の受験期の勉強法についての話を聞く。
-全ての学部の大学生を集めるので、自分の志望学部以外の人の話は基本的に退屈。志望学部の人の話でも案外退屈。
-最も良い勉強方は人それぞれ異なるので、熱心に語られても基本的に参考程度以下にしかならない。
--浪人している大学生の方であれば、現役のときどういう勉強の仕方で失敗したのか、と聞くと案外いいことを知れるかもしれない。
-また、受かったら何を言っても許される(数学科森宏征先生談)ので、各々得意げに個人的な事を話す(盛っているかもしれない)が、単に学力の差であり、どこの大学の生徒だろうが同じ大学生であり人間である。さして違いはない。話し手の自己満足に過ぎない。
-%%正直時間の無駄である。%%自習に費やした方が良さそう。
-ただ勉強の息抜きに、また来年の春を思い浮かべてやる気を奮い立たせる良い機会でもある。