森田智近

Last-modified: Thu, 20 Sep 2018 09:42:54 JST (25d)

駿台と河合塾、及び四谷学院天王寺予備校夕陽丘予備校、天王寺指導会を兼任している"渡り鳥"。
計6つの予備校を掛け持ちしているため、土日も休みがないそうだ。そのため補講などが入ることは珍しい。
高卒生の授業では毎回授業で習った範囲までのセンターの過去問を宿題として出す。「前回授業の内容のセンター過去問解説→授業」がデフォルト。
現象を体全体で表現するため、ハイテンションで動き回りながら授業をする。また、ギャグを言ったり、師のオリジナルの語呂を披露する。それがスベれば「え?あかんかった?」、ウケたら「なんか面白いこと言うた?」とおっしゃる。正直岡田了一郎先生と比べると語呂があわせが多すぎて暗記ゲーとかしてるのが玉に瑕。論理的な地理の考え方を身につけたい人には少しつらいかもしれない。
しかし、授業自体は、基礎からセンターで9割越えを目指す人のため用の知識など幅広く教えてくれる。
なお、「こんなこと分かってるから、授業聞かんで良いわ~、とか思ってんちゃいます?別に良いけど知らんでー」と、軽く叱咤してくる。
黒板が汚いので正直微妙である。
コロンビア学院では校長だったらしい。
目が合って生徒が無反応の時、「怒ってる?殺したろかとか思ってんちゃいます?」って結構な頻度で言って来るので前にいる人はちゃんとリアクションしましょう。
寝ている人がいると怒りその機嫌を引きずる。そのため教室全体の雰囲気が悪くなることもしばしば。真面目に聞いている生徒の事も考えて頂きたいものだ・・・。
そのため、授業を斬る生徒も多い。