数学XSk

Last-modified: Sat, 09 Nov 2019 08:08:24 JST (271d)
Top > 数学XSk

監修講師

使用コース

構成

  • Skのkは「京都(Kyoto)」のk(決して「簡単」ではない)。
    駿台文庫の関西での拠点が京都校に併設されてある京都分室であることによる。
  • ぱっと見鈍臭いテキスト。各§冒頭の鈍臭さはもはや笑える。
  • 上位クラスにとっても後期の『数学XS』が難しいため作られた。§にもよるが、数問しか変わっていないらしい。
  • §1は所々『数学XS』と違う問題が見られる他、同じ問題でも掲載される順番が異なっていたりする。
  • §4は『数学XS』がメインで、少し手直し程度に変えているだけらしい。
    • ただし、2019年度は同一入試問題からの出典と思われる2題を含め全問異なる構成。
    • 森宏征先生曰く「入試数学はナマモノだが、『数学XS』は1960,80年代の問題も入っているので変えた」とのこと。
    • 『○○大理系数学研究』のある大学(東京大学京都大学大阪大学)の問題は極力除いたとのこと。
  • 数学XS』より医学部向き。複合問題が多い。
  • 年々問題のレベルが下がっていて、§によっては前期より簡単になっていたりする。
    • 特に2019年度の掲載問題は、解きやすい問題が多い。
  • 「ボーダーのラインから合格ラインへのレベルアップ」を目標にしている印象。SA,MAクラスにいる難関大志望の人なら必ず取りたい問題が多い。
  • とはいえ§3は証明問題のオンパレードで、手強いと感じる生徒も多い。講師の力量が授業のクオリティを大きく左右する。
  • 某講師曰く「できて当たり前。息をするくらい当たり前。受験への必要条件。」と厳しいお言葉も。

特徴

  • 関西教材。
  • 前期教材が関東の『数学X#』だった頃は『数学XA』という名前だった。

ーー

Amazon