パワーアップ医系化学

Last-modified: Sat, 28 Sep 2019 10:01:55 JST (365d)
Top > パワーアップ医系化学

書き加えお願いします。

監修講師

使用コース

構成

  • 演習問題とパワーアップ問題に分けられる。
    • 担当講師にもよるが、25分程度与えられて全てを解く。
  • ほとんどが、旧帝大、単科医大、地方国公立の過去問である。
    • かなり難易度が高いものから、オーソドックスなものまでバリエーションは豊かである。

特徴

  • 難易度が決して低いわけではないので、25分で全て解き終わるには少し厳しいと思われる。
  • 演習形式だが解答が回収されて点数化されることは無い。各自、自己採点である。
  • 嶋田竜人先生が担当すると、ほぼ毎回師の持って来た補題と演習問題(またはパワーアップ)を解くように指示される。
  • 解答が若干『化学S』の解き方とは違うかったりするものもある。しかし、決して掲載されている解答解説が分かりづらかったりするものではなく、演習系統では珍しく解説は丁寧である。

ーー

Amazon