高田映二

Last-modified: Thu, 08 Mar 2018 20:53:23 JST (73d)

堅実な授業を繰り広げる。至って普通の先生であることは間違いない。
日本史マニアには堪らない知識をよく供給してくれる点は素晴らしい。
授業は板書を入れてから解説を始める。
全ての板書を記憶しており、メモやノートを見ることなくひたすら書き続ける。
但し板書から解説への移るタイミングが結構早いので要注意。
板書は非常によく練って作られたことが容易に想像できるほどコンパクトに、そして分かりやすくまとめられたものとなっており、記述問題、マーク式の問題を問わず、論述問題を解く際にも非常に参考になる。
世界史にも知識が長ける。
予備校講師として教壇に上がる前は厚生省勤めだった模様。
今は天王寺予備校とZ会と京進を掛け持ち。
喋り方がなんかかわいい。
声が若干眠い。質問対応はとても良い。
「一行空けます」
「センターはかわいそうなのが好きですからね」