阪本敦子

Last-modified: Mon, 29 Jan 2018 14:51:43 JST (24d)

東京理科大理学部数学科卒。在学中の専攻は確率統計学。入試答案の採点もしていらっしゃった。
本質を突いた講義をなさる。数学的に王道を行く進め方を重視される。論理的整合性を重視されていると思われる。
授業のペースはかなりゆっくりで、一つの問題から「広げる」ことを重視した講義である。学期末には補講も組まれる。それでも後半は駆け足になる。数学が苦手な人からの支持が特に厚いが、上位層には授業が遅いと感じる人もいるようである。
板書は丁寧で見やすく、大事な考え方は矢印で示してくださるので復習がしやすい。ただ、板書が少し早い。
質問対応はとても良く、かなり丁寧に対応していただける。生徒想いの熱い先生である。
TAは受付開始と同時に毎週埋まる。
『短期攻略センター数学(IA/IIB)』、『カルキュールIA/IIB/III』などの共著者の1人。
関西数学科での女性講師は柳川玉姫先生とこの人だけ。
おばさんなのに何故か可愛らしい。
息子さんがいる。
授業前は必ず教室前にスタンバイしている。授業の延長が嫌いなためチャイムと同時に授業を始めるとおっしゃるがほぼ毎回延長している。
真面目かつ丁寧であり、授業の時間も一杯に使うため雑談は皆無と言っても良いが、ごくごく稀に冗談を言う。その際皆は当然戸惑ってしまうので、「すみません、今の笑うところです(汗)」と言うところがかわいい。
駿台数学科のおしゃれ番長(当社調べ)。
黄一色のトップスと緑一色のボトムスのコーディネートをして来ることがある。通称「とうもろこし」。
「数IIIは裏切らない!(複素数平面を除く)」
「何度も言います!」
「eはe奴なんですね~」(←ネタなのかどうかは謎)
「良いですか~?接点を持つならぜっっっっったいに2乗で括れます!」
文字の多い関数や式に対して当たりが強く面白い(本気で言っているのではない)。
「うわ、やかましい関数ですね~」
「要らない文字を殺しましょう!」