近畿日本鉄道

Last-modified: Tue, 23 Jan 2018 14:50:24 JST (30d)
  • 日本で最大規模を誇る私鉄。
  • あべのハルカスは近鉄の象徴であり、上本町校の近くからでもその姿を目視で確認する事ができる。
  • 路線だけで20線(全盛期はもっとあった)もあり大阪(難波、阿部野)、京都、奈良、三重(津、志摩)、愛知(名古屋)、岐阜(なお岐阜県内の養老線は近鉄より経営分離し、子会社が運営しているため近鉄線ではない)の各府県を結ぶ。
  • 大阪市営地下鉄、京都市営地下鉄や阪神線とも相互乗り入れしているので、大阪港や神戸方面にも行ける。
    • その広大なネットワークを活かし、名阪特急「Urban Liner」や、観光特急「しまかぜ」など、多くの特急を運行していて、車両の種類も豊富である。
  • なんとトイレにウォシュレット機能が付いている特急車両もある。
    • そのため、出張で大阪などに訪れたビジネスマンや観光で訪れた人などから車両に関して良いイメージを持たれることが多い。
    • しかし、普段我々が利用する一般車両に関して言えば在阪私鉄らしくボロいのが多数存在する。-運行範囲がとてつもなく広い分、普通車両のリニューアルに手が回っていない模様。
  • 因みに講師たちが西大寺校に出講する際、京都方面から大和西大寺駅までは、運賃だけでなく特急券も駿台が出してくれるらしいが、難波方面からは運賃のみらしい。
    • 難波方面からだと快速急行が存在するため、30分程度で到着できるからではないかと言われている。
  • 大阪南校上本町校西大寺校名古屋校神戸校(大阪難波駅で阪神なんば線に乗り入れ)・京都府各校舎(京都校は竹田駅から京都市営地下鉄烏丸線に乗り入れ)への移動手段となる。