箕輪浩嗣

Last-modified: Mon, 29 Jan 2018 14:50:00 JST (27d)

東大卒で浜松校の『高3名大数学』や大阪校で『数学YS』、『数学ZS』などを担当。代ゼミと掛け持ち。
代ゼミでは代々木本校で通年の『東大理科数学』や『京大理系数学』の担当を任された経歴を持つ。『難関大学に出る 数学I・A・II・B解法の極意』という著書も出版している。
岐阜出身でかなり独特なイントネーションで話す。「~なんだよ/~なわけだ」が口癖。
基本に忠実な解き方を重視し、非常に分かりやすい。雑談はあまりないが、時々数学にまつわる面白い話をしてくれる。特に場合の数・確率の解説はピカイチ。記号を使うことを極力減らし、具体的な状況から誰にでも出来るやり方で確率を導き出す。
東京の安田亨先生を「代ゼミでの師匠」として尊敬している。