直角教

Last-modified: Fri, 24 Nov 2017 20:56:14 JST (211d)

開祖は数学科五藤勝己先生。師の独特な解法を信奉する者が信者となり、毎年出講する校舎で信者が一定数発生する。名前の由来は師が授業で直角をやたら強調するためである。
吉田浩二先生曰く、「あの人代入と直角しか言わないですからね」。
なお吉田浩二先生も『XS§1』の授業にて「皆さん、直角教に入信してください」とも仰っていた。おそらく直角教の幹部なのであろう。
経典は独自に体系化された数学の重要事項が記載されている要項プリント