田中健一

Last-modified: Mon, 14 May 2018 19:01:02 JST (6d)

愛知県立明和高校→大阪大学文学部卒→名古屋大学文学部中退。
大阪大学時代はロシア史を専攻していたそう。
名古屋校大阪南校上本町校西大寺校等に出講。
自称向井理似。どの程度似ているかは各自でご確認を。これは本人がよほど特殊な鏡を使っていることによるものだと思われる。
ハゲに対する熱意が凄く、ハゲたいと願う日々を送る。恐らくその姿に心惹かれる男子生徒も続出しているだろう。ただ師の電子辞書には「誰がハゲやねん。」というシールが貼ってある。
竹岡広信先生の弟子の1人であり、高校1年から浪人時代まで4年間習っていた。そのため言っていることが割と似ている。竹岡広信先生が「4月から僕の教えてた子が駿台に来るので楽しみ」と春期講習で言っていたほど期待されている。
また、竹岡広信先生と話す時には「お前」と呼ばれている。隠れて竹岡広信先生を「デカい眼鏡のデブ」、「ミスター・メタボリアン」、「尊師」と呼んでいるのはここだけの秘密。
大のSKE、NMB好きかつロリコン(2013年2月9日、脱ロリコンした)であり、竹岡広信先生にCDや生写真をプレゼントするほど。また「頑張るのん(花・з・)~♪」(SKE48の木本花音ちゃんのキャッチコピー)をメールで誤爆した。
元、井尻晏菜ちゃん(あんたん)、矢倉楓子ちゃん(ふぅちゃん)、岩永亞美ちゃん(つうちゃん)、梅田彩佳ちゃん(梅ちゃん)推し。しかし今は「『推しメンは誰ですか?』と聞かれても思い浮かばない」らしい。また、「俺は推し変なんてしたことない」と言い張る。
握手会に行く理由は「君らの英語教育のために調査に行っているだけ」だとか。さて、「握手会行きたいから講習1つ増やして欲しい」という発言は何だったのか。
生徒が模試を受けている日にSKEの公演に行ったりする。「君たちが頑張ってる間本当に申し訳ないんだけど当たってしまったんだよ。」
稀に授業で"otaku"や"AKB48"を題材にした演習プリントを配布する。SKEを題材にしたいらしいが本人曰く、「過去問検索しても"asked"しかヒットしない」だとか。
「誰だよ、アンケートに『AKBの話するな』って書いた奴!俺はNMBのことしか話してねーよ!」、「15歳より上は全員ババアだよ。だってふうちゃんが15歳だから。」
その他大胆な発言や行動(可算・不可算の説明でCDを割るなど)が多い。そのため、校舎長に怒られたことも。だが勿論めげずに続けている。
Twitter中毒者でもあり、生徒やその親、ドルヲタ仲間等から多くフォローされている。Twitter上で大阪のイメージを「軽薄、せこい、うさんくさい」と貶している。なお大阪での授業では和歌山をネタにする。また学歴至上主義らしく、創価大学、早稲田大学、福岡工科大学、鳳高校などを「〇〇ごとき」などこき下ろしている。
このWIKIの存在を知っているだけでなく、推し変&脱ロリコンの内容訂正をTwitterや授業で頼むレベル。
『書きこみ式英文法ノート』(学研教育出版)という参考書(本人曰くアイドルに認知してもらうための道具)を2014年6月より発売。
因みに、推し講師は現代文科の中野芳樹先生らしい。(こっそり芳樹と名前で呼んでいる)
中野先生にサインを貰うために受付でわざわざ著書を買ったにも関わらず言い出せなかったり、コーヒーを入れるだけでも緊張して大失敗したりと、かなり憧れの存在のようだ。
「英文法基礎10題ドリル」を発表し、70万の儲けを出したが、その執筆活動のストレスからサッカーゲームにハマり、課金に課金を重ねた結果、その総額は150万に。本人曰く「10万では全く強さを感じず、50万くらいから強くなり、100万超えてからは敵がいなくなった。つまり覚悟がない奴は課金なんかするんじゃねー」との事。