杉野光

Last-modified: Fri, 24 Nov 2017 15:59:48 JST (93d)

河合塾と掛け持ちのイケメン講師。今は駿台専任。
上本町校西大寺校を中心に出講。
ニックネームは「ひかる(くん)」。
かつては名古屋校で『医系突破レクチャー』を担当していた。
なんといってもイケメンなので、イケメンに弱い女子生徒は注意が必要である。
髪の毛の盛り方が独特である。
授業の始めと終わりの挨拶は爽やかな杉野スマイルを皆に見せる。
「はい、みなさんこんにちは!(ニッコリ)」
特に授業の終わりの挨拶は右手を生徒の方に広げ、ビシッと決める。
「それでは、終わります!(ニッコリ)」
チャラい。バーテンダー、ホストみたいな格好をよくする。これがまた凄く似合う。
1週おきにスーツと私服を着て来るようだ。
ホスト+ネプチューン名倉といった感じ。
2017年度現在42歳。年齢の割りに見た目は若い。
英語科竹岡広信先生にも「杉野先生ね、若いよねぇ・・・くそぅ(笑)」と言わしめた。
(ファンには残念だが)既婚者である。
公式の証明や計算用紙上でやるべき計算も説明上板書することが多い。そのため復習する時は流れを追いやすく非常に良い。
グラフなどで図示して考えることを「ビジュアルに考える」と言う。その言い回しがまたイケメンである。
授業中は若干毒舌になる。でもそれもイケメンである。
「これは非常に簡単なーことです。」
「この問題は簡単で~す。」
「これは手が止まる所がない。止まってたらダメです。」
問題文を読む時オラオラ感が出る時がある。指し棒は使わない時はよく肩に担いでいる。
しかし、決して怖い人ではない。誰にでも非常に優しく笑顔で接してくれる、紳士的な良い先生である。
授業中急に謎の関西弁が飛び出すことも多い。それもまたイケメンである。
(i)、(ii)などを「チョボ1」、「チョボ2」とかわいらしい言い方をする。まさにギャップ萌えである。
「だいにゅ~(代入)」も中々かわいい。
講師室で偶に飴を舐めている。かわいい。
黄緑のチョークをよく使う。
チョークが折れまくって大変お困りだった現代文科の松本先生にチョークホルダーの良さを伝えたらしい。しかし、当の本人はチョークホルダーを殆ど使わず、筆圧が濃いのでチョークをよく折る。その折りまくる姿もまたイケメンである。
人気は中々のものがあり、2016年度夏期講習の『数学重要(III)』では大阪南校で増設講座が出た。
2017年度より西宮北口校への出講も決まった。
冬期は何故か『冬のセンター数学IAIIB』の担当がやたら多い。(2016年度)
講師室では授業で使うプリントを作成するためにノーパソをカチャカチャしている。
ノーパソをカチャカチャしているだけなのにイケメンである。
質問対応が素晴らしくじっくり付き合ってくださる。そこもまたイケry