数学特講(理系・完成編)

Last-modified: Sat, 10 Feb 2018 20:48:36 JST (102d)

設置校舎 Edit

全校舎。

テキストについて Edit

  • テキスト監修は米村明芳先生。
  • 内容は上位校を目指す学生向きで、講義用問題は26〜28問程度で非常に重たい。
    • 夏期の『数学特講(III)』と同程度の難易度を下限に骨のある問題が集まっている。
    • とは言え、前期『数学XS』レベルのものも数問あるので、それらは予習段階での完答を目指したい。
    • 三森司先生曰く「どれもこれも難しい」、「IAIIBは良い問題が揃ってるんだけどな、数IIIは最後の方になると現実離れしてる。夏の講習(『数学特講(III)』)より上を目指してるからなあ。」
  • テキストには、あえて東大、京大など超難関校はほぼ掲載されておらず、分野別にもなっていない。その代わり、東工大や東京医科歯科大学、旧帝大地方国立大早慶から点数差が付く問題、汎用性が高い良問が掲載されている。
  • 難問揃いなので、受講に際し着々と予習を進めておき、早めの期間に受けて負担を軽くするべき。
  • 扱う全体のテーマは受験生が苦手な論証と複素数であるが、基本的には高校数学全範囲を網羅しているが、どちらかと言うと数III寄り。
    • テキスト作成者曰く、関西の数学講座とあって京大を意識して作っている。
  • 進行速度の都合上、重要度に応じて問題をスキップする講師が多い。
  • かなり良質な講座だが、重いので余裕がない人にはオススメできない。
  • センターまで約1ヶ月という時期なので、医学部志望等のセンターが重要な人はよく考えてから受けるのを決めたい。
  • 「難しい問題もあったと思いますが、センター明けによく復習して下さい」(講習最終日、米村明芳先生談)
    • 時期的にセンター試験を優先しよう。

担当講師 Edit

全体的には杉山義明先生、数学が得意な生徒の間では米村明芳先生や三森司先生の担当が人気。
だが時期的にも非常に重い講座なので自分に一番合った講師での受講を勧める。

米村明芳
大阪校大阪南校神戸校を担当。

  • 数学特講(III)』同様、充実した要項や厳密でエレガントな解法、注意事項などを与えてくれる。
  • やはり他の講師よりも更に学力の要求水準が高くなるが、夏期とは異なり、全分野を扱うため、得るものはとても多い。
    • 数学にある程度自信があり、テキストから最大限の内容を学びたい人は師での受講が良いだろう。
  • 三森司先生同様板書量は多い。
  • 締め切る事はあまり無いが、センター前にも関わらず大阪校ではMS、SSクラスの生徒が大量に受講するため満席になる。

杉山義明
京都校京都南校大阪校を担当。

  • 夏期の『数学特講(III)』同様プリントを使いながら授業を進めていく。
  • プリントと組み合わせながら解説をしていくため復習が若干面倒になるが、師の著書の『実力強化問題集』からテキストの問題の基礎となる問題の抜粋を頂ける。
  • 口頭説明は基本的にプリントに全て書いてあるのでセンター後に復習する際などにとても便利である。
  • 全問解説はするが、師の授業スタイルと時間の関係上、簡単な問題の解答は板書せずプリントで一部済ます。
  • 締め切ることがある。

後藤康介
京都南校を担当。

  • 順序立てられた解説で数学が苦手な人にも理解しやすい授業が特徴。
  • 求められる学力水準は他の講師と比べてあまり高くないため、現役生や数学が苦手な生徒も受講を検討しやすい。
    • 但し、数学が得意な生徒の中には物足りなさを感じる者もいるかも知れない。
  • 授業スタイルは通期とあまり変わらないので師のページを参照。

三森司
大阪校上本町校を担当。

  • 師の場合は『数学特講(III)』同様、全ての授業用問題の模範解答が初日に配布され、師が2012年度まで担当していた『高3スーパー理系数学Sα』のダイジェスト版の様な授業を展開する。
  • テキストが数学III寄りに作られているため、授業はバランスが取ってIAIIBを少し重点的に扱う。
  • 研究問題が各問題毎に配られるため、板書は夏期講習同様に主に基本事項の要項や(例)、〈考え方〉、pointであるが、それでも板書量はとても多い。
    • 研究問題は東大京大、『エクストラ数学』や海外の問題から中堅私大、地方国公立まで良問が精選されている。
  • 非常に重たいが、この時期からでもきちんとこなせばかなりの実力向上が望める。
  • 夏期の『数学重要β(IAIIBIII)』と併せて取ると、数学全分野の師の講義を補完的に聴くことができるが、そうでなくても大雑把ではあるが総まとめにもなる。
    • 但し、上記のことから復習の負担は他の講師よりもかなり大きいことには注意。

杉野光
豊中校を担当。

小山功
大阪南校西宮北口校名古屋校を担当。

  • 2問だけプリントに解答を載せていたが、問題をスキップすることはなく全問きっちり解説してくれる。
  • 毎日、その日に扱った問題の類題と解説のプリントを配布してくれるが、これらは三森司先生の研究問題よりも良質との声も。
  • 延長はなく、最終日は時間を余らせて終わった。
  • 駿台数学科の若手トップと言われるだけあり、全体的に高水準でまとまっている。
  • 米村明芳先生、杉山義明先生、三森司先生の担当が目立つが、日程が合えば師での受講も検討してみても良いかもしれない。

八木祐一
上本町校広島校を担当。

  • 通期の授業と変わらず分かりやすい説明をしてくれる。
    • 通期の担当である生徒は無難な選択肢か。

湯井定行
西大寺校を担当。

松永光雄
名古屋校広島校を担当。

中井大輔
丸の内校を担当。

藤井雅之
浜松校を担当。

村上和史
福岡校を担当。