岩崎拓哉

Last-modified: Fri, 24 Nov 2017 12:58:30 JST (181d)

数学科の若手実力派人気講師の一人である。
普通にイケメンである。また、現代文科松本先生や古文科丸谷先生など、ベテランの多くの講師に愛される、愛されキャラである。講師だけでなく女子生徒からも「可愛い」と評判であり、女子生徒のファンが多数いる。
かなり激しい授業を展開するため初回の授業で多くの生徒を圧倒させる。また、ハイテンションかつハイクオリティーの授業であるためファンになる生徒も多数いる。
それに加え特徴的な声で授業をするため、師の授業は「眠くならない授業」ということで評判である。
色んな面で生徒からもかなり人気。男女問わずファンが多数いる。
その問題の核心となる大事な部分は丁寧に分かりやすく説明してくださる。
自称駿台で最も字が汚い講師であるにも関わらず板書は丁寧である。
その問題で押さえておくべきポイントを強調して下さるため復習しやすい。
難しい問題では、解答に入る前に考え方を丁寧に板書またはプリントでまとめてくれる(大抵の講師はこの部分を口頭で済ますが、師はきちんと板書またはプリントでまとめてくれるので、復習の時に大いに助かる。)。そのため、難しい問題であっても「どうしてこのようにして解くのか」という疑問を持つことがない。因みに、考え方を丁寧に説明する理由は、入試で問われるのは「解答を読んで理解する力」ではなく「解答を0の状態から作る力」だからとのこと。
よくある間違いとその理由を丁寧に説明してくれるので理解が深まる。盲点になりがちな点も丁寧に説明して下さる。誰もが疑問に思う点を丁寧に解説して下さる(毎日多くの人の質問を受けているため、生徒が疑問に思う点を把握しているのだろう。)。
各問題に対して、どのレベルまで解ければ良いかを教えてくれるので、現在の目標、今後の目標を立てることが出来る。
質問対応は非常に良い。非常に熱心である(いつも遅くまで質問対応をしている)。
そのためTAはすぐに埋まってしまう(申し込み開始後1分で埋まった記録もある)。師のTAを取るために申し込み開始時間の前から並ぶ人もいる。
「ぴゃー!!!」
「カエルピョンピョン猫ピョンピョン!!!」
「でけたニャー!!!」
「しかし暑いなぁー、よいしょ!!!」
チョーク君、ばいばい~!!!」
名探偵コナンが大好きである。
雑談する時はほぼコナンの話。コナンの話を楽しみにしている人が多数いる。
前はコナンのグッズを持って来て紹介していた。
大の甘党かつお菓子好きである。特にTOPPOが大好きである。家には常に10個以上のストックがあるらしい。
教卓の上にお菓子が置かれていることが多々あり、その都度師は凄く喜ぶ。(自分の頬を引っ張り、「これは夢じゃないな!?」と言う。)
11月11日(ポッキー・プリッツの日)には、教卓の上にポッキー・プリッツが20箱置かれていた。(勿論、師は凄く喜んでいた。)
師にお菓子をプレゼントすると凄く喜ぶため、お菓子をプレゼントするファンが多数いる。(特にTOPPOをプレゼントする人が多い。)
後期最後の授業の日には、1年間の感謝の気持ちを込めて、お菓子をプレゼントするファンが多数いるため、講師室の師の席にはお菓子の山が出来ている。
師はコーラも好きなので、コーラをプレゼントしてもとても喜ぶ。
そしてチョークの消費量が半端ない。1時間に20本以上を使う。そのため自分専用のチョーク箱を持っている。また、教務から「チョークは大切にして下さい」と言われているそうだ。
チョークを少しでも折れないようにするため、チョークを硬くする方法を考えた結果、カルシウムを補うために牛乳に漬けておけば、理論上は硬くなると考え付いた。
しかし、どれほどの時間漬けておけば良いのか分からないのが難点らしい。
因みに物理科三幣先生はチョークが折れることを「岩崎現象」と名付けていた。
指示棒もよく折る(=壊す)。
授業中のテンションは講師室では封印している。講師室質問に行くと授業とのギャップに誰もが驚くであろう。
この事は他の講師から勿論、クラス担任からもネタにされることがある。(「岩崎先生は授業中はハイテンションだけれども、講師室では凄く大人しいよ。」と。)