小野宏之

Last-modified: Sat, 25 Nov 2017 11:46:27 JST (89d)

関東の先生だが浜松校に出講している。
常にアロハシャツっぽいのを着ている。
かなりの暑がりで室温を下げたがる。12月の終講まで半袖で来たことも。
独特の喋り口である。口癖は「ねッ」である。全ての発言の語尾に「ねッ」を付ける。
焦ったような授業を展開。
授業は始め導入的な問題を提示→結果発表(生徒が間違えると喜ぶ。こっちとしては若干腹立だしい(笑))。
その後プリントの問題を解かせる。師曰く、「間違えた方が定着するんでっ!」
その問題(何択とか)に多数が正解すると、「おおっ!!!すげ!」と過剰に喜ばれる。
他にも手を挙げさせて多数決を取る時もあるが、多数決が明らかに適当過ぎて笑いが起きる。
通期授業では毎回「今回こそ絶対チャイムが鳴ると同時に終わらせます!」というが有言実行されることは殆どない。問題を解かす時間を減らしたり、地図を休み時間から描いたり色々するが毎回延長する。
浪人時代及び大学生時代が一般の人より長かった苦労人である。大学卒業後は、「地理をよりしっかり教えられるように」世界旅行をした。その写真がプリントに時々出てくる。
「生徒の苦労を理解するため」フルマラソンをよく走る。東京陸協に所属しているらしい。その賞状を見せることもある。