小嵜可菜

Last-modified: Mon, 29 Jan 2018 14:00:26 JST (24d)

小嵜可菜(こさき かな)は、駿台予備学校生物科講師。

経歴 Edit

  • 薬学部出身。

授業 Edit

  • 授業は出来るだけロジカルに理解して暗記量を減らすことをモットーとしていてハイクオリティー。
  • 生物S』では基礎から初めて、かなり高いレベルまで持っていく。
    • 生物が難しい大学を目指す人向けか。
  • 聞き取りやすい声。ただ声に関しては酒焼け(多分ワインの飲み過ぎ)しているように聞こえるという人もいる。
  • 質問対応は良い。

担当授業 Edit

通期 Edit

春期講習 Edit

夏期講習 Edit

冬期講習 Edit

直前講習 Edit

直前Ⅰ期 Edit

直前Ⅱ期 Edit

人物 Edit

  • 京大実戦模試製作者の1人である。
  • 師は人の家の塀から、胞子体コケを持って来たこともある。
    • 因みにその胞子体コケは師の家で栽培されているそうだ。
  • 自宅で栽培していた花が突然変異したことを非常に喜び、写真を撮り授業内でアルバムを回した。
  • 田中和夫先生曰く、「生命学のドン」、伊藤和修先生曰く、「生物のボス」。
  • 関西生物科の主任らしい。(伊藤和修先生談。しかし、確証はない。)

語録 Edit

  • 「~~って、言うん↓やわー↑」
  • 「プロモォォオオオター」
  • 「プラスミィッド」
  • 「はい〇〇番どうぞ」