小坂恵子

Last-modified: Tue, 06 Feb 2018 08:38:04 JST (20d)

大仏顔のおばさん先生。社民党の福島瑞穂総統似。
Z会の事を「アルファベットの何とか会」と言って貶す。
マツコ・デラックス体型。その昔は、「駿台のgabinetto pubblico」の誉れ高かったらしい。
入学案内パンフの写真よりはかなり肌色が茶色くくすんでいる。つまりおばあさん。
前回の東京オリンピックの次の年に生まれたらしい。(おかげで昔は東京オリンピックを知らないなんてと散々言われたと嘆いておられた。でも誰が何のためにそんなこと言う?ただのスベった雑談用創作ネタ?)
出身大学については、絶対尋ねてはいけないらしい。
言葉使いや声の出し方から憶測するに、「女」であることを唯一無二の拠り所にして世間を渡ってきたおめでたい勘違いちゃんのなれの果てという感じ。そのくせ男女同権的な思想を授業の中で語るから、ちょっと痛々しい。
バツ2だとか。
授業はやけに対比を重視する他、大学別現代文の授業では解答例が青本丸写しなので、中野芳樹先生や準ずる先生方に見下されている。
それにより、後期の授業では出席率が5割を切ったことも(それも、100人以上のクラスで)。
一人息子を、系列の私大にエスカレーター式で進める関東の付属高校に合格させることに成功し、このところ校舎内をドヤ顔のガニ股でのし歩いている。自らのメシの種である大学受験のバカバカしさから現実逃避した結果、我が子だけには楽な思いをさせることに成功。めでたし、めでたし。