安達秀彦

Last-modified: Sun, 20 May 2018 19:19:04 JST (6d)
  • 広島校に出講している。広島県在住。
  • 代ゼミと掛け持ち。
  • コースは主に中3スーパー数学Sαを担当。
    • その他にもフォローアップ講座や、広島校のイベント系の講座には、よく師が出講する。
  • 数学科の後藤康介先生程ではないが、同じようなハイテンションな授業を行う。
    • "1"を「ワンダフゥ〜」、問題を間違えることを「(指し棒で机をチーンと叩いて)御愁傷様です…」と言う。
    • 約分の際には「シュパンルパ〜ン」とルパン三世のテーマ曲に合わせて歌いながら、約分する。
    • 流しで全体を説明する際に「フゥ〜〜ンフゥ〜ンフゥ〜ン、フゥ?」といった感じの、わけのわからない効果音を発する。
    • 師の知ってる曲の歌詞と重なる単語が出てくると、その前後を歌う。歌い終わると「by〇〇(歌手の名前)」と付け加える。よく出てくるのは宇多田ヒカルやPUFFYといったところか。
    • 講習では、板書でミスを見つけた際に教卓の上に座り、土下座をしながら大声で「申し訳ございませんでした‼︎」と仰っていた。
  • 授業自体は板書が綺麗で見やすく、とてもわかりやすい。
  • 質問対応もとても良く、生徒がわかるまで丁寧に教えてくださる。そのため質問内容や量によってはTAと化することも。
  • 自称40過ぎのおじさんらしいが、師の顔やテンションの高さからはとてもそうは思えない。
  • ぱっと見、野村萬斎に似ている。