安田光子

Last-modified: Tue, 10 Apr 2018 15:43:15 JST (44d)

学校に1人は居る、優しくて気の良いおばちゃんみたいな人。
実際とても優しい。何気ない雑談も謎のジェスチャー付きで必死に話している姿は回り回ってかわいい。
英語構文S』の授業では、あまりにも巻末の例文集に掛ける時間が長く、長文の読解が中々進まない。2週間で1講分が終わるか終わらないかというレベル。そのため、長文は構文解釈したプリントを配って済ませることも少なくない。
読解系の授業では熟語羅列講座化して、中々本文内容に入れないことも。
そのため進度が遅くなり、これまた2週間で1講分が終わるか終わらないかぐらいになる。
質問対応は丁寧だが、自分が生徒の言ってることが理解できないと、キレるので注意(神戸校にて)
また一部の生徒の間では後ろ姿だけ矢口真里との噂もあったりなかったり・・・。
12月24日生まれ。
鉛筆を集めるのを趣味にしていて、日本一鉛筆を集めていると自慢することも。
愛猫家で轢かれそうになっていた猫を「ジョバンニ」と名付け飼っている。
2016年度の神戸校の後期一発目の授業を休んだが、翌週の授業で、「椎間板ヘルニアっていう高級な病気になってしまいました。やから、歩き方が変なんですけど、あんまり見んとって下さいね。(笑顔)」と仰られた。
元々は銀行員をしていたらしい。
元木高男先生と共著で『大学が選ぶ!英語長文15』という問題集を出している。元木高男先生を「もっきー」と呼ぶ。
茨木高校卒で現在も茨木市在住だが、茨木校にも車で出講しており同校からは離れた所に住んでいる模様。