吉岡高志

Last-modified: Thu, 15 Feb 2018 09:36:35 JST (2d)

吉岡高志(よしおかたかし)は、駿台予備学校数学科講師。大阪校京都校京都南校大阪南校神戸校に出講。

経歴 Edit

  • 私立の高校(当時は男子校で現在は共学になっているらしい)→現役で阪大理学部数学科→東大大学院
    • 阪大在学中はコントラクトブリッジ(トランプのゲーム)部に所属していた。それ故直前授業ではコントラクトブリッジ部の勧誘をする。
      • 実際大学入学後入った教え子もいるとか。興味のある人は「JCBL」で検索してみよう。
  • 駿台講師になる前は大学教員をしていたらしい。
  • 勝美好哲先生の高校の先輩であり、三森司先生の大学の先輩である事からかなりのベテランである事が伺える。

授業 Edit

「○◆‰∬☆チワーッ!!!!!!! (ペコリ」(訳:こんにちは)

  • 授業が始まると普通に喋るのに、挨拶だけいつもこんな感じ(頑張って聞き取ると「こんちゃー」と若者の挨拶みたいに聞こえる)。
    • そのため、一部の生徒には「チワ」の先生と呼ばれる。
    • 師の授業のクライマックスがこの「チワ」であると言う生徒すらいる。
    • 「おはようございます」の時は「ぉはよーございます」と、入れ歯が外れたおじいさんのような言い方ではあるが、割と普通の発音をする。
    • ただサ行の音が、微妙に呂律が回っていない。要するに滑舌が悪い。
  • 通期での現役生の担当はなく、高卒生のみを担当。
    • 講習では、高3・卒用講座の『東大理系数学』を担当し、シンプルで切れ味良いさっぱりした解法を見せてくれる。他の数学科四天王とは異なり、『数学特講』は基本的に担当しない。
  • 数学EXL』、『数学EXS』の作成者。
    • 数学EXS』の採点が厳し過ぎる上にそのことを言うと怒ったり、『数学EXS』の最初の授業で「このテストは50分(制限時間)で解けるようには作られておりません!(キリッ」と開き直ったりもする。
    • 数学EXS』の解説では各問の始めに「みなさんはこう解きますが・・・」と生徒がしがちなミスをまず指摘してから解説する。
      • その解説中に生徒がしがちなミスについて「~する人は、正直言ってアホです!!」などと批判を毎回入れて生徒に対してキレているように見えるが、その後適切な解法をキツい語気でながらも丁寧に教えてくださる(要するにツンデレである)。
  • 数学EXS』では類題をプリント配布する事がある。殆どが東大、京大、阪大の過去問でかなりの難問である。解答は終講時に纏めて配布するが、配り忘れたり作成が追いつかない事も。
  • エレガントな解法ばかり考える、覚えるよりも、数学の基礎に忠実な解き方をしっかり定着させることを重視する。そのためか数学に対する拘りが強い。
    • 少し面倒臭くても汎用性の高い基本的な解き方を重視する。
    • 積分は微分の逆と断言する。
    • 合同式をやたら嫌う。商が見えないせいで例外の条件が見えにくいせいだとか。
    • 多変数関数で使う「〇を固定」という表現を嫌う。必ず「〇の関数と見て」と言う。
    • 「鳩の巣原理」という表現を嫌い、「部屋割り論法」と呼ぶ。「鳩の巣原理」はあくまで直訳であり、その名前から考え方が直接分かりにくいとのこと。
    • 不等式の評価の問題をグラフの面積で解いたり、平均値の定理で解くことを嫌い、微分して増減表を書いて示す・・・というように誤魔化しの利く言葉や図、アバウトな式よりも正直で厳密な式で示すことを重視する。
    • これはどうやら大学時代問題演習の時に教授にさんざん難癖を付けられて気付いたんだとか。因みに平均値の定理に至っては数列の極限以外に使うのはこけおどしだ、と批判していた。
  • 別解を持って行くと解き方次第では「その解き方は外道です!」とお怒りになるので凄く数学が出来る人には合わないかもしれない。
    • 数学に対する拘りが強い故か、SS・MSクラスの上位層をはじめ数学が非常に得意で数学に対して柔軟に対応する生徒の中には師を嫌う生徒も何人かいたとか・・・。
      • しかし、中井大輔先生は筋の通った師に畏敬している。
  • 板書は相当雑い(杉山義明先生の説明用の時の板書のような感じ)。画数の多い漢字はカタカナになることも。しかし、授業のクオリティーは中々。
    • フローチャート化された汎用性の高い解法を教えてくれる。
  • 重要なポイントをしばしば口頭で済ます上に、板書がカオスなので自分で板書を整理して書き、適宜メモを忘れずに取ること。
  • 授業やメモをレポート用紙に取り、授業後に復習用ノートを作り直すのも良いかもしれない(英語科桜井博之先生のノートの取り方と同様)。
  • 板書内容を構想しているのかよく静止なさる。
    • この"間"が睡魔を襲うようで堕ちてしまう生徒も多いようだ。
  • 指し棒を凄く使う。
    • 三森司先生は師を尊敬しているらしい。そのせいか彼も指示棒をやたら使う。
  • 授業に入る前によく一言話す。自身に関する話が多く、笑いを取る事もあるが、偶に物凄く良いことを言う。
    • 「世の中には若い内にとことん悩め、などという馬鹿な大人がいます。でもそれは嘘です。悩んだって何も変わりません。過ちを反省し、今自分に何が出来るかを考えれば、それで良いのです。」

担当授業 Edit

通期 Edit

春期講習 Edit

夏期講習 Edit

冬期講習 Edit

直前講習 Edit

直前Ⅰ期 Edit

直前Ⅱ期 Edit

人物 Edit

  • 高度経済成長期のサラリーマンのような風貌。
  • 問題作成に定評のある、駿台3Yにして駿台関西数学科四天王の一角。
  • 全国模試の作問者の一人。
  • 模試の問題作成や演習の採点のため、土日の講師室でその姿を見かける事もあるだろう。
  • 質問対応自体は非常に良く、丁寧に質問に答えてくれる。『数学EXS』の解説授業とは異なり、非常に優しく対応してくださる。
  • 大阪校の近所に住んでおり、大阪校には自転車通勤。大阪南校にも自転車通勤をする猛者。
    • そのため、昼から予想外に雨が降ったりすると、「雨具持って来てないんですよね・・・」としょんぼりされる。
    • 以前、大阪南校で1限(9時~)から授業があるのにも関わらず8時を超えてから起床してしまった事があり、授業に間に合うか危うい中、電車で行くか?タクシーで行くか?で迷ったが、通勤ラッシュに巻き込まれたら間に合わないという理由で自転車を選んだ。
      • その後、猛スピードで漕いで行った結果、ギリギリ間に合ったらしい。
    • 雨上がりの日など、時々自転車置き場でコケるらしい。
    • 因みに自転車は普通のママチャリである。
    • 普段は門が開く8時になるのとほぼ同時に玄関に到着する。
    • 夏場は時々サングラスを掛けて通勤する。無駄にかっこいい。
    • 2017年は前日雨で大阪南校に自転車で行けなかったのと、翌日が(校内生が模試のため)休みだというよく分からない理由で神戸校まで自転車で出講された。片道2時間だったとか。
  • 英語科塚田潤先生とはスキーにも行く仲であるが、滑り方に関する持論は正反対らしい。
  • 英語科中西稔人先生とは非常に仲が良く講師室でいつも一緒にいる。生徒の質問そっちのけで一緒にご飯に行くことも。
    • 要するに恋人である。
    • 中西稔人先生が休んだ日は「今日は中西先生お休みですね・・・(ションボリ)」と発言。かわいい。
  • 師は意外にも英語、国語、日本史が苦手のようだ。
    • 日本史は中学時代欠点を取っていたとか。
    • そのせいか国語や文学部を妙にdisる。英文科に至っては存在意義が分からないらしい。
    • 「文学部の教授って本当に必要なんですかね?・・・(中略)・・・このことはあくまで私の偏見ですので、中野先生とかに言わんといてくださいね。」
    • 入試直前期は地理の勉強しかしなかったとか。(当時は二次一発勝負だった)
    • 因みに師の彼女親友である中西稔人先生は文学部出身であるのだが・・・・・・。
  • その割に解答の日本語には非常に厳しい。ちょっとでも変な日本語の使い方をすると容赦なく×される。
    • 数学以外の日本語にも厳しい。
      • (数学ではないが)「テストに出る」ともおっしゃっていた。
      • 「(とある生徒が)汚名挽回と言っていました。汚名は挽回するものではないですよね。返上するものです。」