中野洋子

Last-modified: Fri, 24 Nov 2017 20:36:25 JST (90d)

京都、京都駅前、大阪、茨木、豊中、名古屋校に出講。
京都校には(『高3スーパー国語』がある週は)週3回出講している。
大阪桐蔭高等学校客員講師も勤めている。
飯島直子に似ている。
現代文科の中野先生とは全く関係がない。
パンフレットと実物との差が尋常じゃない。
足が細長くて綺麗なのに黒板の下の方に字を書く時ガニ股になる。何故か黒板の字は右上に傾いている。
ただスタイルの良さは申し分ない。
とにかくよく喋る。割と女尊男卑な発言もある。
人によっては喋り方をウザいと感じるかもしれない。そのためか、授業を切ってしまう人もいるようだ。
下ネタが入ることもある。
漢文科の江口先生とやり方が心なしか似ている。
授業で扱う内容は文中に出て来た文法事項等も含め殆ど全て板書してくださるのでありがたい。復習時に役に立つ。
昔、間違えて隣の教室のマイクを持って来て気付かずに授業をしてしまった。そして下位クラスだったので、助動詞の歌を歌ってあげようと恥を捨てて歌った。
一方、師が使っていたマイクの音が入ったのは、なんと古文科主任(当時)の岩手先生の教室だった。そして「今日はお隣りの中野先生がどんな授業をしているか皆で楽しく聞きましょう。」と言い、その日の授業は傍聴会になったそうだ。
今度はマイクを間違えないでくださいね!
※2012年度は三森先生、2014年度には中井先生(生物)、戸谷先生が授業をしている隣の教室のマイクを持って来るというミスをした。