中田正教

Last-modified: Thu, 01 Feb 2018 09:22:27 JST (17d)

中田正教(なかたまさのり)は、駿台予備学校物理科講師。現在、関西駿台物理科主任。

経歴 Edit

  • 京大出身。

授業 Edit

「じゃあ、始めましょーかー」

  • 通常は板書授業である。但し、グラフを描く問題では座標平面を配ってくれるので、それに描き込んでノートに貼り付ければ良い。
    • しかし、授業進度が間に合わなさそうと感じると、プリントで一気に加速する(一部クラスのみ)。現役生の授業ではプリントを多用している。
  • やたら目が特徴的な棒人間を描く。プリントでも抜かりない。20世紀少年で見たことがあるような目をした棒人間である。
  • 板書は整っていて見やすい。授業スピードも通常はゆっくり。
  • 授業を1分以上延長することは殆どなく、チャイムの鳴る1、2分前に終わることが多い。
    • 現役生の授業は内容が重い時などはよく延長なさる。
  • 生徒のノートの書き具合を見ながら授業するので、勝手に進みまくったりしない。
    • 「ちょっと速いか?」や「先黒板消すわな」と言って待ってくれるので助かる。
  • 書く前にも「こんな感じで書いていくんで、ちょっとスペース開けといてね。」と構図を言ってくれるので更に助かる。
  • 口頭で簡単に済まされがちな補足説明や別解もきちんと最後まで板書してくれたり、解答の中にも重要項目(公式)を書いてくれるので本当に助かる。
  • 意外と寝てる生徒にはキレる。
    • また、板書を取っていない生徒にも厳しい。
  • 100均で買ったオモチャのバネを使って、波を分かりやすく説明してくれる。
  • 師の教える「棒磁力の法則(右手フレミングの法則の改造版)」は中々使える。
    • また、左手フレミングの法則を右手でやる方法も教えてくれる。
      • 師曰く、左手で手首をくねくね回しながらやると、80年代のアイドルになってしまうからだそう(おそらく近藤真彦のことである)。
    • その一方で、「というわけで僕らは、コンデンサーを『導線/断線と見なせる』」などと物理講師としては宜しくないことを言っていたりもするが、生徒に物理に慣れて欲しいためであろう。
      • しかし、他の先生同様きちんと説明し、その後説明したことを前提に付け加えているだけである。
    • 師曰く、「これは困った時に役に立つだろうから、是非とも覚えておいて欲しい。」とのこと。
  • ギャグは本当につまらないのでウケない。偶に普通に面白いのだがスベりキャラのためウケない。
    • 滑り語録も参照。
    • 意地になって下ネタを繰り出すもウケない。いつもつまらないので、何となく笑ってはいけない雰囲気が出来ている。遂には、「ちょっと鈍ないか?もうちょっとドッと。」と笑いを煽るような発言をする。最近は控えているらしいが本能で(本人談)言うこともある。
  • 電流I(アイ)を「愛」に置き換えて説明するネタも師の十八番である。
    • 「I(愛)の減る方向、悲しい方向。I(愛)が足りないんやったらもっと愛して(Iを増やして)。」
    • 「オッケー」と言うタイミングで「牧場」と言ってしまったこともある。
  • 生徒が男子のみになると、男子でもドン引きするレベルの下ネタをブチ込んでくることも。
    • 「この条件やとπズレる。『レ』を『リ』に変えて読んだらアカンで。」、「分かりやすいように大きく描いたけど、ホンマはこの箔めちゃんこ薄いからな。驚異の薄さ、0.3ミリ!・・・何でもありません。」
  • しかし、実力は折り紙付きで、数多くの校舎で現役生の担当を任されている。
    • 茨木校西大寺校が師の居城のような気がする(ほぼ全ての授業の担当である)。
  • 講習での締め切りは殆どなく、人気度・評判が絶大ということもないが、生徒がきちんと理解することを一番に考えているとても良い先生である。
  • 上位クラスの生徒が引くほど難しい解説をすることを快感に感じるらしい。
    • しかし、丁寧でゆっくりな授業スタイルは初級~中級向きと言えるだろう。
  • 非関西では物理と一緒に関西弁等もレクチャーする。
    • 「大阪には『~でんがな』なんて言う奴ほんまはおらんで~。」
    • 「大阪では、挨拶の代わりに阪神の話するから居づらいねん。」

担当授業 Edit

通期 Edit

春期講習 Edit

夏期講習 Edit

冬期講習 Edit

直前講習 Edit

直前Ⅰ期 Edit

直前Ⅱ期 Edit

人物 Edit

  • 誰もが一度は真似したくなるランキングNo.1講師。
  • 特徴的なその声はインパクト大。
    • 髪型もなんか特徴的。あれはセットして来ているのか?
  • 常にスーツを着ている。
  • 数多くのテキストも執筆。『高3スーパー物理』は若干誤植が多い。
  • 第2回駿台ベネッセ記述模試の解説動画(駿台のマイページで配信)の担当もしている。
  • 質問には丁寧に対応してくれる。
  • 後藤舞子先生からは「奴隷」と呼ばれているが、決してそういった関係ではない。
    • 勿論中田氏もないだろう。
  • 既婚者で奥さんからは「ジョニー」と呼ばれているらしい。
    • また奥さんとの結婚する前の初デートの際にUSJに行ったそうで、2016年5月末を以って終了した「バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド」に乗った時には酔ってしまったそう。
  • 模試の作問にも関わっており、師が作成した京大実戦の問題は中々の難しさであったが、三幣剛史先生に感動したと絶賛されるほどのハイクオリティーだった。「さすが先輩」と仰っていた。
    • 作問した問題の計算で反発係数が綺麗な形になったことが嬉しかったようで、また、次のところで小球を支える糸の存在を悔しがっていたらしい。
  • 幼い頃阪神ファンにいじめられたため阪神は嫌いで、巨人ファンのようである。
    • 地理科の高崎弥昌先生に阪神の話をされると後の授業で愚痴を漏らすことも。
      • 「君ら、地理の高崎先生って知ってるかー?さっき野球の話をしてたんやけどー・・・」
  • 中田俊司先生曰く、優しい顔して大胆な人。

滑り語録 Edit

  • 「波動は~、定常波~、正弦波~、かめはめ波~」
  • 「けっきょく~、薬局~」
  • 「けっきょく~、北極~」
  • 「まさかのまっちゃん」
  • 「余裕のよっちゃん」
  • 「4ρ(4浪)、居ませんよね?」
  • 「100mぐらいヒイたけど」
  • 「直列でも~、並列でも~、キテレツでも~」
  • 「直列でも~、並列でも~、オムレツでも~」
  • 「弾性衝突・・・男っぽい衝突」
  • 「電位差の単位は1ウサインじゃなくて1ボルトやぞ~」
  • 「アース(接地)させるってノーマットちゃうぞ」
  • 「ビールは力の源!ってそれあんただけや」
  • 「モリモリモリモリモリ森三中」
  • 「オッケー牧場」
  • 「マイヤーの法則、まあ名前なんてマーイーヤ」
  • 「こっちは微分、こっちは積分、どっちもしてないのは悪い気分です」

他多数。