パックV

Last-modified: Fri, 08 Dec 2017 20:26:01 JST (167d)
  • センター演習用教材。
  • 冬期講習の申し込み後に高卒校内生はクラス担任から存在を知らされ勧められる。各教科、センター形式の問題が5つ収録されており教科毎に購入できる。
    • 悪質な一部のケースには、LHRなどで申し込み用紙を配布し、ほぼ強制的に受験教科全てに〇を付けさせその場で提出させる担任もいるらしい。(特に大阪南校の担任がひどい。)下位クラスの担任が「上のクラスはみんな取ってます!」と言ってて闇を感じる(上位クラスの人は誰も取っていない)。
  • 模試のように冊子になっているので持ち運び便利だが、模試の選考落ちした問題や古い問題等の完全な流用であり、センターとは似ても似つかない問題も多く見受けられる。
    • しかもセンター実戦問題集と大部分の問題が被っている科目もある。
    • また、新傾向以前の問題も含まれていることから、おそらく前年度のものをいくつか(おそらく1,2回分程度)差し替えただけ。
      • ベテランの先生を中心に直前期には絶対にやらないでくださいと言われるほど酷い。
  • 京都校の某下位クラスの担任が「上のクラスはみんな取ってます!」と言ってて闇を感じる。(上位クラスの人は誰も取っていない)。
    • 悪質な一部のケースには、LHRなどで申し込み用紙を配布し、ほぼ強制的に受験教科全てに〇を付けさせその場で提出させる担任もいるらしい(特に大阪南校の担任がひどい)。
  • 買うようにやたら念押しされ戸惑うが、「過去問をやり込み過ぎて問題を覚えてしまった!」という人以外は買わなくて良いと思う。
  • 一般向けに販売していないこともありクラス担任は、「駿台の実力講師陣が作った素晴らしいものです。」とかなり宣伝するが、考えてみれば予備校の講師が作るのは当然である。作っていると言っても若手の講師が適当に過去の問題を組み合わせているだけではある。
  • 因みに一部高校でも販売されているが、情報が少ないこともあってこのパックを大量に買う生徒が多発する。
  • 値段も各科目の赤本黒本と大して変わらないため、金銭的な意味でもそれらを買って過去問を徹底した方が良い。
  • また、パックVの第一回を集まって解くイベント(パックVマラソン)もある。本番さながらの雰囲気と緊張感を求めている人には良い機会だろう。
  • 上記の通り問題は良質でないため優先度は低め。